一流の男がビジネスシーンで愛用する腕時計

一流の男の腕時計_ビジネス

一流の男は時間を大切に考えているため、腕時計をつけている人が多い。
しかも、とてもシンプルでありながらおしゃれな腕時計を付けている方が多い。

スポンサーリンク

一流の男がビジネスシーンで選ぶ腕時計

一流の男の腕時計_ビジネス

一流の男はビジネスシーンでの身だしなみをとても大切に考えている。
勿論ビジネスシーンでも身だしなみを整えながら、ちゃんとおしゃれを楽しんでいる。

ビジネスシーンでは、人と向かい合って打ち合わせや会議をする場面が多い。
その際に腕時計は相手に見られるアイテムである。
相手の目線が腕時計に向けられる瞬間が分かると思う。

そんな時に、自信を持って見せられる時計をしているか
あまりにもカジュアル色が強くて、ビジネスには向いていない時計をしていて
少し恥ずかしい思いをするか、あなたはどちらがいいだろう。

一流の男を目指しているなら、ビジネスシーンに最適でオシャレな腕時計を選んで欲しい。

そこで、一流のビジネスマンが選ぶ腕時計を紹介する。

ビジネスシーンに最適な腕時計とは

一流の男の腕時計(ビジネス編)

ビジネスシーンに最適な腕時計とは一体どんなものなのかを検証してみる。

ビジネスシーンではスーツを着ている場合が多いと思う
結果的にスーツによく合う時計がいいという事になるのだが、スーツに合う時計とは一体どんな時計になるのだろう。

スーツに合う腕時計とは「シンプルなデザイン!」というのが、スーツに最もよく合う時計である。
だからと言ってシンプル過ぎてもおしゃれさに欠けてしまう。

シンプルだけどおしゃれさが含まれており更に使いやすいものが最適である。
具体的にどんな腕時計が最適なのかを紹介する。

スーツに合う腕時計

スーツに合う腕時計というと、どんな物になるかを考えてみた。
スーツはビシッとしているのに
時計がカジュアルな時計ではせっかくのスーツも台無しである。

その事を考えると、やはりあまり派手なものはお勧めできない
スーツに合う腕時計をまとめてみる。

ビジネスシーンでスーツによく合う腕時計

  • 文字盤はデジタルよりもアナログ時計
  • 文字盤の色は白
  • バンドは革製のもので色は出来れば黒、スーツや靴の色によっては茶色
  • スーツと釣り合うくらいの価格帯

ビジネスシーンではこれらの事を考えて腕時計を選ぶといい。

一流の男の腕時計_ビジネス

文字盤はデジタルの物はやはりカジュアル性が高く、スーツに合うのはアナログの文字盤である。
そして文字盤の色であるが、文字盤に色々飾りのついたものであったり、黒い物もあるが、シンプルだがスーツに映える文字盤はやはり白に勝てる物は無い

腕時計のバンドの色や素材についてはスーツの色などによって変わってくる。
基本的には革製の黒がベストである。黒はどんなスーツやシャツにも合う事から一番安全な色である。

腕時計のバンドでメタルバンドが好きな方も多いと思う。
メタルバンドでも悪いとは言わない高級感や重厚感はメタルバンドの時計には十分すぎるくらいある。
しかし、どうしてもカジュアル色とスポーティーなイメージが消せないという点で、ビジネスの場面では革製のベルトがお勧めなのだ。

黒以外では茶色のバンドもあるが、これはスーツが紺色でベルトや靴の色に合わせて
茶色にするなど工夫するとシンプルでおしゃれな感じになる。

そして腕時計の価格帯であるが、これはスーツの価格帯と揃えているとベストである。
私の周りにもいるが、スーツはとてもリーズナブルなものなのに、時計を集めるのが趣味の人が、時計だけ高級なブランドの時計をしてる事がある。
これは何ともアンバランスで、時計が目立ち過ぎてとてもおしゃれとは言えない。
その事に本人が気付いていないのが残念である。

その逆も同じで、スーツは高級なブランドスーツなのに、腕時計がリーズナブルなものであると
アンバランスで全体的な雰囲気がおしゃれにはならない。

全体的なバランスを考えた腕時計の選択が重要になってくるのだ。

【ビジネスシーンに最適!白い文字盤のアナログ時計!】

体型に合わせた腕時計の形

一流の男の腕時計_ビジネス

腕時計選びで大切な事がまだある。
それは自分の体型に合った腕時計を選ぶという事。

この部分を意外と気にしていない方が多い。
体格がいい人が、驚くほど小さな腕時計をしていたらり、細身の方が手首に大きなサイズの時計をしていたりと
これも非常にアンバランスで違和感を感じる。

体格がいい人は比較的大きめの時計で丸型、バンドも太めの物がよく似合い
細身の人は比較的小さな時計で形は丸型か楕円形の物でもよく合う。

男性と女性でも、付ける時計のサイズが違うように、男性の中でも体格の差があるため
それを考えた時計選びが重要である。

年齢と時計のバランス

時計を付ける時にもう1つ気にして欲しいのは、自分の年齢と時計の雰囲気である。
これも時計と自分とのバランスにかなり影響する。

まだ若い新入社員が、お父さんから譲り受けたという派手な高級時計をしているとどうだろう。
さすがに回りは父から譲り受けたと知っていれば何も言わないと思うが見た目には非常にバランスが悪い。

その反対に、年齢も仕事の経験も重ねたベテランのビジネスマンが
見た目にもすぐにリーズナブルだと分かるような腕時計をしていたらどうだろう。

どちらもアンバランスだと感じないだろうか。
アンバランスさを消すためには、年相応の腕時計を上手に選ぶ事が大切である。

一流の男の腕時計選びのまとめ

一流の男はビジネスシーンでどんな腕時計を選んでいるか、ここまで紹介してきた。そこで結局どんな腕時計の選び方がいいのかをまとめてみる。

一流の男がビジネスシーンでの腕時計の選び方

  • スーツに合う文字盤は白、バンドは革製、のアナログ時計がベスト
  • 体型に合わせた大きさや形を選ぶ
  • 年齢と釣り合った価格帯の時計

これらが一流の男がビジネスシーンで意識している時計の選び方である。
今後時計をつけようと考えている方は参考にして欲しい。

ココではビジネスシーンに特化した腕時計の選び方を紹介したが
プライベートでも腕時計をつけている方には腕時計の選び方(日常編)もあるのでコチラもどうぞ!


スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!