一流の男の行動には裏表がない

 

一流の男は裏表がない

一流の男の条件!一流と言われる男は、行動に裏表がない。
誰かに合わせて考えや行動を変える事はない。
自分というものをしっかり持っているのだ。それは変わる事はない。

スポンサーリンク

一流の男は行動に裏表がない!

一流の男の行動には裏表がない。
自分の信念や考えをしっかりと持っているため、それに反する行動はしないのだ。

その行動や考えを相手によって変えたりする事はない。
どちらの考えにも同調したような本心が分からないような行動や発言をする事はしない。

裏表がある行動とは?

表と裏がある行動とは一体どんな行動の事を言うのだろう。

具体的にいうと、相手や状況に応じて自分の行動や考えを二転三転させる人の事である。
例えば、会社の上司の前では如何にも上司の考えに賛同しているような態度をしているのに
夜の同僚との飲み会では、その上司の考えや行動を批判していたりする行動である。

それ以外でも、仕事ではとてもいい人というイメージが持てる行動をしているのに
プライベートでは一転して意地悪な人であるなど
二面性の性格を併せ持った人がとる行動の事である。

どうして表裏がある行動をするのだろう?

一流の男の行動は裏表がない

どうして人は表裏がある行動をしてしまうのだろう。
その理由はズバリ「損得で物事を考える!」「人の評価を気にしている!」からである。

どちらもあまりいい印象を受けない事である。
しかし裏表がある人の特徴はこれらの理由が当てはまる事が多い。

損得で物事を考える

損得で物事を考えている人に裏表がある人が多い。
それはこの人に合わせていれば自分にメリットがあるなぁ。
この人には歯向かわない方がいいなどと、自分の保身を考えて行動するからである。

自分がとにかく損をしないように
相手の発言や行動を慎重に見て、それに自分を合わせて行動するのである。

本当の自分は、自分を守る事を考えている人が多い。
絶対に損をする事を選ばない人が多いのだ。

人の評価を気にする

裏表がある人の特徴のもう一つは、「人の評価を異常に気にする」というものである。
自分が人からどう見られているかを異常に気にしており
自分が悪い評価にならないように、嫌われたりしないようにという事ばかりを気にして行動している。
この行動も損得と同じように、相手の行動や発言を気にして、それに合わせるような行動をとるのである。
こういう人に限って、身内に対する態度が横柄であったり
家に変えると、外とは全く違う行動や発言をする人が多い。

裏表がある人は信用できない

こうやって見ていると、裏表がある人は信用できないという気持ちになる。
本当の自分が何処にあるのか掴めないという事が多く。
昨日と今日で言っている事が違うという行動が目立つ。

上司と話していることと、同僚とはなしている事が違うという事は日常茶飯事で
それに周りは混乱する事さえある。

裏表がある人が悪い人であるとは思わないが
本当の考えがどちらか分からないという点で、信用出来るかという事になると
信用できないという結果になるのは必然である。

一流の男は裏表がない!

一流の男には裏表がない。
自分の気持ちや感情を曲げてまで人に好かれよう、得をしようなどという行動はとらないのだ。

もし上司が自分の考えに合わない事を押し付けてきても
それが自分の信念に合っていないならば、それをちゃんと伝えるのである。
もちろんそんな事をすれば会社での立場や上司からの評価は悪くなってしまうかもしれない。
しかし、だから自分の考えを一時的に曲げて、違う行動をするという事はない。

発言や行動に一貫性がある。
それは誰に対しても、どんな状況でも同じで、その一貫性を貫く意思はとても強い。

だから、周りからとても信用される。信頼されるのだ。
そのいつでも信念を貫く行動は正直であるという印象として周りに伝わる。
だから信用されるのだ。

一流の男の行動!
一流の男は相手に合わせて考えや行動を変える事はない。
その行動が正直であるという評価となり、自然と信用されるようになるのだ。

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!