一流の男はこうやって通勤時間の無駄を省く!

一流の男の通勤時間の無駄の省き方

一流の男の条件!通勤時間の無駄を徹底的に省く!
毎日の通勤時間さえも、有効な時間に変えてしまう!時間の大切さを知る!

スポンサーリンク

一流の男は通勤時間の無駄を徹底的に省く!

皆さんは一日の始まりにまず何をしているだろう。

他のページでも解説したが、一流の男なら朝早起きして
自分の時間を有意義に過ごしているのではないだろうか。

そして朝の有意義な時間を過ごした後は、毎日変わらず使っている会社へ向かう通勤時間。
この時間は会社に住んでいない限り必ず必要な時間である。

そしてそれを何も考えずに毎日、ただただ通勤しているのではないだろうか。

普通の男と一流の男、通勤時間の使い方の違い!

一流の男の通勤時間の無駄の省き方

一流の男は、この毎日必要な通勤時間でさえも
無駄を省こうと考える。無駄を省いて更に有効活用出来ないかと考えるのである。

普通の男がこだわらないような何気ない日常の時間でさえ
一流と言われる男は見逃さない!
時間がどれだけ大切かを知っている、考えているのである。

普通の男の通勤時間の使い方!

普通の男の毎日の通勤時間の過ごし方はこうではないだろうか。

  1. 乗れるように早めに駅やバス停に行って並ぶ!
  2. ギュウギュウの車内に乗り込む!
  3. 降りる時や改札に向かう時にまた並んでいる!

簡単に並べてみたが、大体多くのビジネスマンがこのような通勤を経験している
そして、いまだにそれを続けているのではないだろうか。

多くの方が通勤だけで疲れてしまってはいないだろうか。

電車の場合は遅れは少ないが、バスなら渋滞に巻き込まれ
毎日何のための待ち時間なのか分からない、無駄な時間を過ごしているのではないか。

いざ仕事に取り掛かろうと思っても
疲れやイライラのせいで
落ち着いた気持ちで仕事に取り掛かれていないのではないだろうか。

一流の男の通勤時間の使い方!

一流の男は毎日の通勤時間をどんなふうに過ごしているのだろう。

  1. 朝早く起きて人が少ない駅やバス停に行く
  2. すんなり乗車
  3. ガラガラの車内で落ち着いて座り読書
  4. すんなり下車
  5. 人の少ないオフィス街をすがすがしい気分で歩く

これは一流の男の通勤だ。
この流れを頭の中でイメージしてみて欲しい。

仕事を開始するまでに、イライラなどストレスが無く、落ち着いた状態になり
気持ちよく仕事を始める事が出来るのだ。

コレを毎日繰り返していれば、自然と仕事の効率は上がってくる。

どれだけの時間の無駄があるか?

ここまで、普通の人の通勤時間の使い方と
一流の男の通勤時間の使い方を挙げてみた。

両者を比較してみると、通勤時間にどれだけの無駄があるのかが見えてくる。
まずは、その時間を抽出してみる。

  • 普通の男が列に並んで待っている時間
  • バスが渋滞して遅れた時間
  • 下車するのにのろのろ歩く時間
  • 車内でぎゅうぎゅう詰めでつり革につかまるのが精いっぱいの時間
  • 人が多いオフィス街を歩く時間

これだけの時間を無駄にしているのである。
私も以前はこの状況であった。通勤に1時間半から2時間掛かっていて

この2時間の通勤時間を朝と夕方、ただくり返して家と会社の往復時間に約3時間費やしていたのである。

ここで、1年間にどれくらい通勤時間に割かれていたのかを計算してみる。

1日3時間の通勤時間毎日繰り返すと1ヶ月を休みを除いて25日とすると
なんと75時間も無駄にしているのである。
1年に換算すると900時間を通勤時間に費やして人生を無駄にしているのである。

一流の男の通勤時間の使い方!まとめ

一流の男の通勤時間の無駄の省き方

信じられない数字が出たと思わないだろうか。
1年間にこれだけの時間を有意義に使えたら、人間はどれだけ成長できるだろう。

一流の男は、このことに気付いている。
だから必ず必要となる「通勤時間」を有効に使うというふうに考えるのだ。

早起きするだけで並んだり、ラッシュの時間に通勤しなくて済む。
そうなれば通勤時間もリラックスした時間に使えるのだ。

車窓から朝焼けを見たり海を見たり山を見たり、自然を見て青空を見上げるだけで
心が落ち着き前向きな気持ちになる。

ゆっくり椅子に座れれば、読書をしたりスマホで情報を仕入れたりなど
車内で過ごす時間が自分の成長への時間に使えるのだ。

通勤時間が、快適で有意義な時間へと変わるのである。
これが一流の男の通勤時間の使い方なのだ。

毎日必ず発生する通勤時間をただ無駄に過ごすのではなく
その時間でさえも有意義な時間へと変える。

そういう考え方が出来るのが一流の男である。

決められた時間をどう使うか!

毎日の自分の何気ない生活を少し工夫するだけで
無駄が有益なものになる。
この工夫は長い目で見た時に実に大きな成果となって自分に返ってくる。

1日24時間という、全人類に与えられた決められたもの。
あとは自分がそれをどう使うか。決めるのは自分自身である。

与えられた時間の有効活用!
まずは毎日の通勤時間をどう工夫して活用するか、出来る事から始めてみよう!

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!