一流の男は時間の余裕が大きい

一流の男の時間の余裕

一流の男が作る時間の余裕。それは一体どんな目的で作っているのだろう。

スポンサーリンク

一流の男が持っている時間の余裕とは

一流の男は待ち合わせの場所に時間の余裕を持って到着する
普通の男は待ち合わせ時間の5分〜10分前に到着して待っている。

ところが一流の男は、待ち合わせ時間の1時間近くも前に到着している事がある。

この違いで何が生まれるか分かるだろうか。
待ち合わせ時間に余裕を持って到着することで
慌てずに冷静な打ち合わせが出来るなどのメリットがあるのは確かである。

しかし、一流の男はこれだけが目的で到着しているのではない。時間的に30分以上の余裕があると、待ち合わせ場所に着いた時に店に入ってコーヒーを飲んだり出来る。
もちろんコレが目的でもない。この時間にちょっと仕事が出来るのだ。
一流の男はこの時間を大切にするのだ。

そんなの会社でぎりぎりまで仕事して出てくれば同じことじゃないか!と思うかも知れないが
現実をよく思いだして欲しい。

実際に待ち合わせ時間にギリギリ間に合うように会社を出る時、自分の行動はどうだろう。

まず会社では、時間ぎりぎりまで仕事に集中してはいないだろう。時間が気になって常に時間を気にしながら、落ち着かない気持ちで準備しているはずである。

しかし、余裕を持って会社を出るとすると時間をそれほど気にしなくてよくなる。その分、色んな他の事を考えながら落ち着いて準備をして仕事をしているのではないか。

また、待ち合わせ時間にバスで行く時など、思わぬ渋滞に入ったりしたら
時間に間に合うかどうか気になって、本など読んでいる場合ではない。

しかし、時間に充分に余裕がある場合は本を読んだり、仕事の資料に目を通したりと
その時間でさえも集中して作業をこなせているはずである。

一流の男の時間の余裕

いよいよ待ち合わせ場所に到着したとしよう。10分前だと店に入る余裕もなく、ただその場で待つしか出来ないのである。
しかし、時間に1時間余裕があると、店に入ってコーヒーを飲みながらタブレットを出して仕事がをしたり、メールチェックが出来たり資料を読んだりと
何かと時間を有効に使えるのである。

このように、ちょこちょこと時間を残してしまうと結果的に何もしていない時間が重なっていくのである。
しかし、残りの時間を大きくすることで、小さなロスが無くなり時間を有効に使えるようになるのだ。

時間が無くて忙しい忙しいと言っている人ほどこの時間の使い方を実践して時間管理を徹底していただきたい。

一流の男はこのように時間を有効に使う工夫をしているため
仕事が早いと皆に思われるのだ。

これが一流の男が忙しい忙しいと言わない理由である。

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!