一流の男は営業しない

 

一流の男は営業をしない

一流の男の条件!一流の男は意外と営業しない。
普通の営業をする男は普通のビジネスマンで終わる。

スポンサーリンク

一流の男は普通の営業をしない!

一流の男、一流のビジネスマンは、誰もがやっている普通の営業をしない!
コレを読んで「えっ?」と感じた方も多いかもしれないが、一流の男の中には一切営業活動をしないという男もいるのだ。

 

営業をしないでどうやって仕事をとるの?


 

本当だね!
どうやって仕事の成績を上げているのだろう。
ちょっと読んでみよう!


一流の男は営業しないで何をする?

一流の男は普通の営業マンがするよな営業活動はしない。
しかし、だからといって仕事が無いというわけではない。常に仕事が切れ目なく入ってきて、忙しい状態なのだ。

なぜ営業しないのに、仕事が途切れないのだろう。
一流の男は一度仕事をすると、その仕事のアフターケアを忘れない。アフターケアを大切にするのだ。
普通のビジネスマン、特に営業マンは、仕事がとれるまでの相手との付き合いを大切にする。
そしていざ仕事が決まると途端に次のお客を探して、これまでの付き合いを疎かにする。

コチラからその営業マンに連絡をすると
「ここから先は違うものが担当しますので、そちらからご連絡させます」などと言って
それ以降連絡すら無くなる事がある。

これこそ二流の営業マンの仕事のやり方である。

一流の男と二流の男の営業の違い

一流の男は営業しない

一流の男は営業をしないと書いたが、普通の男がやっている営業をしないで
自分なりのこだわりを持った、独自の営業活動をやっているのだ。

普通の男は営業というと仕事をとれるまでに活動だと思って
仕事をとるために一生懸命頑張る。そして仕事が取れたあとは途端にそっぽを向いて別の担当に任せたりする。

一流の男は仕事が取れた後のケアを大切にする。
たとえ担当を外れたとしても、その後どんな状況になっているか
営業とは違う挨拶に伺ったり、手紙を書いたり。
相手の事を気遣う行動を疎かにしないのだ。

コレが普通の営業とは一流の男、一流の営業マンがやっている営業活動なのだ。

確かに会社の組織上、担当部署が分かれており
仕事が取れた、それ以降の担当や対応は変えられてしまうかもしれないし、その業務のプロである担当部署が対応したほうが親切だろう
しかし一流の営業マンは、それ以降その担当部署がどのような対応をしているか、たまにお客様に連絡して仕事の進捗や成果を確認して
その内容に不満があればそれをキチン現在の担当に報告して、対応してくれるのだ。

一流の男は、一度仕事をした相手との付き合いを長く大切にするのだ、仕事が途切れてもその相手との付き合い方を変えない。むしろ仕事の後のアフターケアまでしっかり担当する。だからファンができる。

ファンがいる営業マンは仕事が途切れない

一流の男、一流の営業マンにはファンが多い。
自分から仕事の話をせずとも、お客様の方から仕事の話を持ちかけて来てくれる。
もう一度一緒に仕事をしたい!仕事を頼むなら彼がいい!
といったふうにファンが出来ているのだ。お客様にモテる営業マンである。

そしてそのファンは一流の男の事を周りに宣伝する。そしてその噂は驚くほど広がり始めるのだ。

だから一流の男は営業をしなくても仕事が入ってくるという結果になる。
もちろんそうなるまでには、驚くほどの努力で営業をしてきている。はじめから営業を全くせずにその様になれるワケではない。

これまでの営業活動の結果がファンを増やす

仕事と言っても結局は、人と人とのかかわりが大きく影響する。いくら仕事が出来ても、その人との関係をないがしろにしていては、ファンは増えない。営業しないというと全く営業せずに仕事ばかりしていればいいのかと勘違いされるかもしれないが、それは違う。

一流の男は営業に波が無いのだ、常に仕事の相手と真剣に付き合うから自然とそれが営業になっているのだ、仕事の話をしなくても、その人との信頼関係を築ければ、ファンが増え仕事は自然と入ってくる。

それが究極の営業である。

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!