一流の男の声はとおる

一流の男は声がとおる

一流の男の条件!一流の男は声が通る!
その場を自分の雰囲気に出来るような声を出せるのは一流の男である。

スポンサーリンク

一流の男に声が小さい男はいない

一流と言われる男に声が小さい男はいない。これは間違いなく言える事である。

しかし、ただ単に声が大きいと言っているワケではない。
一流と言われる男の声はとても聞きやすいのである。

とにかく話を聞いていて耳障りと感じるようなテンポや声色で話をする人はいない。

ただ声が大きくて聞き取りやすいのではなく
耳触りがいいというか、とても聞きやすいのである。

あなたの周りにいる 一流と言われている男が、打ち合わせやプレゼンの場で
小さな声でモゴモゴ話すような場面を見たことがあるだろうか、想像できるだろうか。

一流と言われる男は、プレゼンや打ち合わせの場で堂々とした声で自分の意見を述べている。

その声はただ大きいだけではない、その場の広さや雰囲気に合った声の大きさで話すのだ。
一流の男はその場の場面に合わせた声の大きさを選択して話をしている

あまりに大きな声で話しても、相手を嫌な気分にさせてしまうし
小さい声であれば、聞き取りづらく何を言っているのか分からない

単調な話し方では、聞いている方も何が重要なことなのか分からなくなり
どんどん眠気に襲われるようになっていく。

一流の男は声の大きさや声色まで気にして話している。

一流の男は声が通る

特にプレゼンの場では、相手の表情や雰囲気までを冷静に見ながら話をしているのだ。

そこまで考えて行動しているから、プレゼンの場面でもその場を自分がコントロールしているような雰囲気になる。
見ている方もその雰囲気にのみ込まれて行くようにプレゼンに集中していくのだ。
こうなってくると、そのプレゼンは成功したも同然である。

その反対に仕事が出来ても、プレゼンがとても下手な人がいる。

それはその人の話し方にも問題がある。
その場のことを考えずに、自分の事をメインにしており、相手の事を考えて話していないから
相手にとってはとても聞きづらい状態になっているという事を分かっていないのだ。

確かにプレゼンのように大勢の人の前で冷静で上手に話せるようになるには経験が重要であるが
人の前で話す場合、全体を見渡すくらいの余裕を持って臨んでほしいものだ。

プレゼンを成功させるためには、相手が聞きやすい声の大きさや、聞き取りやすいテンポで話すことも重要なポイントである。

相手の一人一人に語りかけているような感覚でプレゼンを進めると
その場の全員が一体となったプレゼンになる。

このような状況を1度でも経験すると、これまで嫌だったプレゼンや人の前で話す事が楽しく感じるようになるのだ。

一流の男の条件!
話をする時には、その場に合った声の大きさやテンポで
相手の一人一人に語りかけるような気持ちで話す事を大切にする。

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!