一流の男は歩き方が綺麗で堂々としている

 

一流の男の歩き方

歩き方。
その歩き方を見ただけで、その人の毎日どんな気持ちで生活・仕事をしているか想像がつく。

歩き方はその人の感情、内面的な部分を反映してしまう。
一流の男は堂々とした綺麗な歩き方をしている。何故そんな歩き方が出来るのか。

スポンサーリンク

一流の男は歩き方が綺麗である

一流の男は歩く姿が綺麗である。
体から前向きな考え方がにじみ出ているような歩き方である。
背筋がピンと伸びたスマートな歩き方をしている。

周りの人がその歩き方を見ても、そのスマートさにとても魅力を感じてしまうほどだ。

背筋が曲がって、下を向き、自信なさそうな歩き方をしている男に魅力は感じない。そんな歩き方の男と仕事をしたいとは思わない。

堂々とした綺麗な歩き方は洗練された一流の男の印象を、見ている人に与えるのだ。

そして歩く姿も大切だが、歩くスピードも大切である。
一流の男は、比較的ゆっくりとしたスピードで歩く。

歩幅を少し大きめにして、ゆったりと歩く。しかし、そのゆったりとした歩き方は、ダラダラした歩き方とは違う。
ゆったりと歩いているが、のろのろとスピードが遅いわけではない。
歩き方に余裕があるという感じだ。歩くスピードは速いのだが、急いで慌てている感じがしないというのが、いい表現である。

そそくさとちょこちょこ、スタスタ歩く男に、出来る男のイメージが持てるだろうか。
歩く速さが早い男は仕事が出来ると言う人もいるが、見ていていつも忙しそうで、どうしても余裕がない印象を受けてしまう。

余裕のある器の大きな男というイメージとはほど遠い。

一流と言われる男、そしてモテる男の歩き方は
背筋を伸ばして、前を向いて、ゆっくり大きく歩く。
その歩き方から、その人の包容力や器の大きさを計り知る事が出来る。

人生の中で沢山の困難を乗り越えてきたからこそ
自然と身に付いた余裕が、その人の堂々とした歩き方に表れているのだ。

その人の内面が歩き方に表れる

一流の男の歩き方

歩き方は、その人の内面を表しているのだ。
前をしっかり向いて、堂々と歩く人にネガティブな性格な人は少ない。

その反対に、下を向いて、そそくさと歩く人は、恥ずかしがりやで少し元気のない方が多い。

このように、その人の内面を表すのが「歩き方」なのだ。

一流の男は、胸を張って堂々とした感じで大きな歩幅でさっそうと歩く。
その内面は困難にも立ち向かっていく、自分の信じた道をしっかりと目標を達成するために進むというものを表している。

歩き方は内面を表すと書いたが、その反対に歩き方を変えると内面が変わってくるということもある。

もし、自分の内面を変えたいと思っている方がいたら
少しずつ歩き方を変えてみたらいい。きっと内面が少し変わるのを実感できるはずだ。

いつもうつむき加減で歩く癖がある人は、朝通勤で歩く時に少し上を向いて
胸を張って歩いてみて欲しい。
少しやる気がみなぎる事が分かるはずである。

それを繰り返して行くうちに、内面もどんどん変わってくるのが分かるはずだ。

一流の男の歩き方

一流の男の行動に更に迫る!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!