一流の男が朝食を抜かない理由はこれだ!

一流の男は朝食を抜かない

一流の男は朝食を抜くことはしない!

一流の男は習慣として、必ずと言っていいほど毎日決まった時間に朝食を食べている。

スポンサーリンク

一流の男は何故、朝食を抜かないのか!

一流の男は朝食を抜かない

あなたは毎朝、ちゃんと朝食を摂っているだろうか?
最近は朝食を摂らないという若者が増えており。
朝食は摂らない方がいいという考え方も出てきている程である。

確かに、朝食を食べない事でいくつかのメリットがあるという報告はある。
しかし、朝食を食べない事で起こるデメリットもまた、無視する事は出来ない。

朝食を食べないメリット

朝食を食べないことで、どのようなメリットがあるのか
まずは考えてみよう!

  • 1日に摂取する総カロリーを減らせる。
  • 経済的に楽になる。
  • 内臓の活動を休ませる事が出来る。
1日の摂取カロリーを減らせる!

一流の男は朝食を抜かない

まずは簡単に考えると、朝食を食べないということは
当然1日に摂取する総カロリーは減らす事が出来る。

しかし、朝食を食べなかったからと言って
昼食や夕食での摂取カロリーを増やせば、朝食を抜いた意味は無くなってしまう。

経済的に楽になる!

一流の男は朝食を抜かない

このメリットも当然のことと言えば当然である。
朝食に掛かるお金を節約できるのだから、必然的に家計は楽になると言える。

しかし、コレも昼食や夕食でいつもよりいいものを食べてしまえば
それだけお金は掛かるので、必ずしも経済的に確実に楽になるとは言えない部分もある。

内臓の活動を休ませる事が出来る!

一流の男は朝食を抜かない

この、内臓を休ませるという事が
朝食を抜くことで得られるメリットで最も魅力的だと言えることである。

普通は1日3食が基本である。
それに付き合いなどでお酒を飲んだりと、人は自分の内臓に結構無理をさせている場合が多い。

このように内臓を酷使すると
全身の疲労感や肌荒れなどの症状が出る事があるのだ。

内臓の働きが落ちると
せっかく食べた物の栄養をうまく吸収できない状態になる事がある
そうなると栄養不足という状態になり、体がエネルギー不足に陥る。

しかし、食べすぎた時などに朝食を抜くと
一時的に内臓の働きを休める事が出来る。
こうやって内臓の働きを正常に戻す事が出来るのだ。

朝食を食べないデメリット

さて次は朝食を食べない事で発生するデメリットについてまとめてみる。
簡単に挙げられる事は

  • 集中力の低下
  • 自律神経の乱れ
  • 筋肉量の減少
  • 血糖値の急激な上昇

何だか、難しい事が並んでいるが、1つ1つ解説していこう!

集中力の低下

一流の男は朝食を抜かない

朝食を抜くという事は摂取する様々な栄養が体に入ってこないという状態になる。
ということは脳に必要なブドウ糖を始めとする栄養が一時的に不足する事もある。

その結果、脳の働きが落ち、集中力の低下や記憶力の低下などが起こる。
こうなると午前中の仕事などに影響が出る場合があるのだ。

自律神経の乱れが起きる!

自律神経は人間の様々な臓器を正常に機能させるために必要な神経であるが
朝食を抜くと、この自律神経の乱れを起こす可能性がある。

この自律神経が乱れると、体の様々な不調に繋がる事があるのだ。

筋肉量の減少

一流の男は朝食を抜かない

朝食を抜くという事は、一時的に栄養が体に入らないという状態になり
その結果筋肉のエネルギーが不足してくるという事態も考えられる。

筋肉量が減少すると、運動能力の低下や基礎代謝の低下など
人間が体を動かすために必要な能力が低下するという事に繋がりかねない。

血糖値の急激な上昇

一流の男は朝食を抜かない

朝食を食べないと、血糖値が下がり始める。
そうすると体内では血糖値を上げようとするのだ。

朝食を抜くと、昼食を食べる頃には血糖値が上昇しやすい体になっているのだ。

そして、このタイミングで昼食を食べてしまうと
血糖値がいつもよりも上がってしまうという結果に繋がる。

こうなると体は一生懸命血糖値を下げようとインスリンを大量に分泌する。
その結果、血糖値は急激に下がる。

このように血糖値がいつも以上に激しく上がったり下がったりするのだ。

血糖値の急激な変化は体に大きな負担をかける。
更に肥満になりやすいという事にも繋がる。

一流の男は朝食を抜くデメリットを嫌う!

一流の男は朝食を抜かない

一流の男は、朝食を抜く事によるデメリットの中で「集中力の低下」を
とても嫌っている。

集中力が低下するという事は
自分がやるべき事に集中する事が出来ないという事である。もちろん仕事についてもである。

朝食を抜くことで、このようなデメリットの影響を受けないように
常にベストコンディションで向き合えるように努力するのである。

一流の男の朝食の摂り方

一流の男は朝食を抜かない

一流の男が何故、朝食を抜かないのかの理由は分かった。
しかし、一流と言われる男のこだわりはまだある。

一流の男は、ただ朝食を食べるだけではなく
食べる時間にもこだわっている。

毎朝、同じ時間に朝食を食べるということを継続しているのだ。

そして更にこだわりはある!朝食のメニューさえも変えないという人もいる。

一流の男の代表的存在「イチロー」のこだわり

朝食のメニューを変えない一流の男と言えば
プロ野球選手の「イチロー」を思い出す人もいると思う。

彼は、常に変わらないコンディションで試合に挑めるように
多くのルーティーンを自分の中に持っていた。

イチローは生活の時間もしっかりと決めており
もちろん朝食の時間、朝食のメニューにまでこだわっていた。

現役であり続ける間、それを継続したと言われている。

一流の男の代表とも言える「イチロー」は
試合までの準備にとてもこだわりを持っていた。

いい成果を出すためには、それまでの準備が重要であると考えていたのである。
まさに一流の男の考え方と実行力である。

一流の男の朝食への考え方!まとめ

一流と言われる男は
仕事にいくぎりぎりまで寝ていて、起きてすぐに朝食を食べたりしない。
ましてや朝食を抜くことなど絶対にしない。

落ち着いた雰囲気の中で朝食を楽しむために、時間に余裕を持って早起きする習慣があるのだ。

朝起きる時間で
その日1日の仕事のパフォーマンスは決まってしまうと考えている人も多い。

朝食を抜くと、午前中の仕事のパフォーマンスは低下してしまう。
食べないほうが頭が働くと言われていたこともあったが
朝食は摂った方が経験上でも朝の仕事の調子がいいと言える。

食事を抜いたり、減らしたりするのはむしろ夕食でやるべきである。

イチローのように最高のパフォーマンスを長年維持するためには
ビジネスマンもアスリートと同じように、1日のルーティンを大切に考えるべきである。
朝の時間を制する者は一流の男へと近づく事が出来るのである。

一流の男のように朝食を大切にしたその次は!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!