一流の男は雑談が上手である

 

一流の男は雑談が上手い

一流の男は雑談が上手である!

一流の男は雑談が上手い

一流の男の条件

一流の男は何でもない会話、雑談が非常に上手である。

雑談がうまいと聞くと
とても盛り上がる面白い話が上手なのだと思うかもしれませんが、そうではない。

今日は暑いですねなど
こんな感じの中身のない、挨拶の延長の様な話をして場を和ませることが雑談である。

話に中身を持たせたり
オチを持たせてしまうとそれは雑談ではなく
ちゃんとした会話や話になってしまう。

ここでいう一流の雑談とは
中身のない、何でもない話をいい雰囲気で出せること

誰にでも経験はあると思うが
初対面の人と時々二人にされたりする事がある。

例えば、数人で会議をしていて、休憩時に喫煙所などに行くと
さっきまで会議していた方と突然二人になったりすることである。

その時に、じっと黙ってタバコを吸っていればいいことなのだが
何も話さないのも重たい空気が流れてしう。

一流の男は雑談が上手い

そんな時に、なんの不自然さもなく、上手に話を切り出す人がいる。
雑談がうまいのだ。

この話し始めのタイミングなどが少しでもくるったり
最初の言葉の選択を間違うと、たちまち話している間に空気は更に悪くなってしまう。

しかし、一流と言われる男は
この雑談を始めるタイミングや最初の言葉の選択がとてもうまいのだ。

雑談を始めると、その空気は一変する。
また相手の表情もとても柔らかく楽しそうな表情へと変わっていくのである。

一流と言われる男は
この何でもない雑談をとても上手に始めて
相手の心をつかんでしまいまうのだ。

一流の男は雑談が上手い

そんなの才能であって
俺には出来ないよと思うかもしれない。
確かに多少の才能は必要だろうが、これは経験の問題が大きい。

何かを話さなければと焦るような緊張の場面を何度も経験する必要がある。

もしそのような場面に出くわしたら、経験を詰めるチャンスだと捉えて、是非雑談を始める勇気を出してほしい。

初めはぎこちなさもあり、うまくいかないかもしれないが
徐々に力が抜けて上手く雑談が出来るようになるだろう。

雑談が上手な一流の男も
そういった場を何度も経験してきているのだ。
一流の男の習慣、それは上手な雑談ができるように、常にトレーニングを意識している。

一流と言われる男は雑談が上手である!

一流の男が体を鍛える理由と鍛え方が分かる書籍

一流の男のように雑談できたその次は!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!