気分に波がある男は一流とは言えない!

一流の男は気分に波が無い

一流の男の条件!一流の男は毎日の気分に波がない!
自分の機嫌の悪さを表に出していないか?
それに振り回される周りの人間はうんざりしている!

スポンサーリンク

一流の男は毎日の気分に波がない!

一流の男の条件」の1つとして大切な事がある。
それは一流の男は毎日の気分に波がないということである。

プライベートや仕事の時に嫌な事があっても、それを顔に出したりしない。
周りにそれを悟られるような事はない。

毎日、いつどこで会っても、一流の男は常に爽やかである。

一流の男は気分にムラがない

普通の男は、夫婦喧嘩や子供の問題などがあった次の日の朝など
会社に着いてからも機嫌が悪いことが分かるような振舞をしたり、顔に出したりする。
部下たちも、上司の機嫌をコレ以上損ねないようにと機嫌取りながら仕事をする。
その男のせいで、そのような職場になってしまっているのだ。

実にみっともない事であり、絶対にやってはいけない事である。

一流の男は絶対にそんな態度はとらない。

一流の男が周りに与える態度と印象とは?

この人は辛いことがないのかな?
いつもいつも爽やか笑顔で、機嫌が悪い顔がイメージできない。
周りからそう思われるくらい気分に波がないのである。

  • いつも平常心で落ち着いた雰囲気を持っている。
  • ちょっとやそっとじゃブレない安定感を持っている。

家庭やプライベートでどんなに嫌な事があっても
それを表に出して、職場など関係ない場所にそれを持ちこむような事は絶対にしないのだ。

いつでも周りを包み込むような雰囲気を醸し出す。
だから周りは笑顔で仕事に取り組める。笑顔で接する事が出来るのだ。

自分の感情を相手にぶつけて、それをハケ口にするようなことは絶対にしない。

感情を表に出さないメリットとは?

一流の男は気分にムラがない

一流の男だって、実は心の中では辛いと感じていたり、機嫌が悪い日もある。
しかし、それを関係の無い場所で表に出すことは絶対に無い。

感情を表に出さないなんて、人間味がないなぁと感じる人もいるかもしれない。
もちろん、一流の男だって感情を表に出す事はある。

皆で協力し合って仕事を終えた時や
スポーツなどで勝ったりした時には無邪気な喜びの笑顔を爆発させることだってある。

ココで言う「気分・感情」とは
負の雰囲気を出す感情の事である。

そして、その場の人達には全く関係のない事で起きた負の感情を
ストレス発散として周りにぶつけるのは良くないと言っているのである。

このような負の感情を表に出さない事には、実に大きなメリットがある。

負の感情を出さない人がいる仕事場などでは
人の目や機嫌を気にして仕事をする必要が無く。

一人一人が仕事ややるべき事に集中できるという状態になる。
その結果その生産性は良い方向へと向かうのである。

勉強で言えば成績が上がる。
仕事で言えばそのチームのプロジェクトが成功へ向かうなど

大きな成果へと繋がり、最高のメリットを得る事ができるのである。

何故、気分にムラが出ないのか?

一流の男は気分にムラがない

一流と言われる男は、どうして気分にムラが出ないのか?
何か特別な訓練を受けたりしてるの?と感じる人もいるかもしれない。

簡単に説明しよう。
気分にムラが出ないのは「目的・目標」をしっかり持っているからなのだ。

プライベートなどで嫌な事があっても
「それはそれだ!仕事とは違う!」という気持ちを常に持っているのである。

仕事にそれを持ちこんでも、何のメリットも無いという事に気付いているのだ。

仕事の場面では、その仕事の結果を常に真剣に考えており
その結果に向かって前を向くのだという気持ちが強いのである。

常に前を向く!その意識がしっかり持って
目標に向かって進む事!それを真剣に考えているから、気分にムラが出ないのである。

気分にムラがあることで、無駄な時間、目標に達するために
多くの無駄が発生しているという事を分かっているのである。
そして、その無駄を許せないのである。

一流の男の習慣として
一流の男は、常に心を平らに保ち常に前を向くように意識した行動をしているため
気分に波がない。そしてその波は無駄であるという事をよく知っているのである。

一流の男のように気分に波がなくなったその次は!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!