一流の男はノートを上手に使う

 

一流の男はノートを上手に使う

一流の男は上手にノートを使う!

一流の男はノートを使うのが上手である。

一流の男の習慣、一流の男はノートを上手に使う。

メモをとるのが上手なのである。
気になったことを何でも書くのではなく、大切なこと、自分にとって有益なことなどを
きちんと一度整理してノートを取っている。

仕事の打ち合わせの時などに
相手が話す内容を、ただがむしゃらにメモをとっている人を見かけるが
どうしても仕事が出来そうなイメージが湧かない。

メモをとる事に必死で、打ち合わせの内容が頭に入っていないのだ。

学生でもそうである。
黒板に書いてある事をひたすらのノートに書き写し
ノートを綺麗に仕上がる事に一生懸命な人がいる。

それではダメなのである。

ノートをとった事に満足して、内容を頭に入れる事を忘れているのだ。

ノートを綺麗に仕上げることが目的となり、打ち合わせの内容であったり
先生が言った内容を頭に入れるまでに至らないのだ。

一流の男はノートの取り方が違う

一流の男はノートを上手に使う

打ち合わせの中でも、自分が分からないことや重要な部分をメモして
あとは相手の表情などを読み取ったこともメモしている。

相手がどのような表情、ニュアンスでその言葉を発したのかをメモしている場合もある。

話した内容以外にもメモする事は沢山あるのだ
そのメモは財産となる。
ただの打ち合わせメモで終わらないのだ。

そして常にそのノートを肌身離さず持っているのである。
いつ有益な情報が得られるか分からないから
常にその情報をキャッチできるように準備しているのである。

そうすることでそのノートの価値はどんどん上がっていくのだ。

そしてあちこちに情報を書かない
時々数冊のノートを持っていて
これは打ち合わせノート、これはスケジュール帳などと使い分けている人がいるが
なんとも効率が悪い。

一流の男はノートを上手に使う

きちんと一冊のノートやシステム手帳に書きとめる。
だから情報が一か所に集まり、価値のあるノートが出来上がるのだ。

一流と言われる男がシステム手帳を持っているのは
もちろんスケジュールを大切にしている部分が大きいが
このメモを取るという行為を大切にして
情報を大切にしているからである。

価値のあるノートであり自分の知識や情報の宝庫と成っているノートにお金をかけているのも一流の男の条件である。

一流の男は上手にノートを使い情報を大切にする。

一流の男のノートの使い方が分かる書籍

一流の男のようにノートを上手に使えたらその次は!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!