一流の男は怒りをコントロールしている!

一流の男は怒りをコントロールしている

一流の男の条件!怒りに負けているようでは一流とは言えない!

「怒り」に負けるな!

スポンサーリンク

一流の男は「怒り」をコントロールしている!

一流の男は怒りをコントロールしている

あなたの周りにいる一流と言われている男が
怒りに任せて声を荒げて怒鳴っているところを見たことがあるだろうか。

よく考えてみると、そんな姿を想像すらできないのではないだろうか。

そうなのだ、一流の男はなかなか怒らないのである。

怒りの感情が無いわけではないが
絶対に、怒りで取り乱している姿を見せないのである。

コントロールが難しい感情「怒り」

怒りは抑える事が難しい感情である。

誰でも経験があると思うが、怒りは瞬間的に湧きでて
怒りが大きい場合、一瞬自分自身を見失ってしまうような感覚になる。

自分自身を見失って、手を出してしまったり
自分を守るために手を出してしまう事もあるのだ。

「怒り」のエネルギーは人間の感情の中でもかなり大きなエネルギーを持っているのだ。

「怒り」は何のためにあるのか?

人は一体、どんな時に怒りという感情を出すのだろう。
自分の事を例にして考えてみるとよく分かる。

  • 自分が嫌だと思う事を強いられる・・・
  • 自分が大切にしているものを奪われる・・・
  • 自分の考えを否定される・・・
  • 自分の行動を否定される・・・

このように、怒りは自分の価値観を否定された時に発生する感情であると言える。

怒りという感情が無ければ
ある意味自分自身の価値観が全くないという事とも考えられるのである。

怒りという感情は、自分の価値観であったり存在を守るために必要な感情であるとも言える。

怒りをコントロールしよう!

一流の男は怒りをコントロールしている

怒りという感情はコントロールする事が難しい
しかし、それをコントロールせずに周りに好きなように発散していると

人間関係に必要な信頼も失ってしまう可能性がある。
長い年月をかけて築き上げてきた信頼関係でも
怒りという感情を爆発させると、一瞬で壊してしまう可能性もあるのだ。

最近では「あおり運転」という怒りを伴った行動も問題になっている。
怒りにまかせてあおり運転をした結果、人生を台無しにしてしまった例を
みんなテレビなどでよく目にしていると思う。

そう考えると、怒りという感情はコントロールする必要があるのだ。

怒りをコントロールする方法!

湧きあがった怒りの感情を周りに発散していると
大切なものを失ってしまう事に繋がる。
そうならないためにも、怒りという感情はコントロールする必要がある。

まずは一呼吸!

怒りという感情はもう1つ特徴がある。
一瞬で湧きあがる怒りという感情だが、その一瞬を乗り切れば比較的怒りを我慢できるようになる。

その一瞬を乗り切れれば
瞬間的に人前で怒りをあらわにすることは避けられるものなのだ。

今度、瞬間的に怒りが湧きあがる経験をした時
ちょっとまって10秒数えてみよう、意外と怒りはおさまってくるものだと分かる。

客観的に自分を見る!

怒りという感情が湧きあがった時に、自分を客観的に見るというイメージをしてみる。
そうすると怒りをあらわにしている自分が周りから見ると恥ずかしいと感じて
怒りがおさまる事がある。

これは私も経験した事である。

本屋の棚の間を歩いていると
本棚の間で、鞄を振り回しながら本を選んでいる男がいたのだ。

私がその後ろを通った時に
鞄が私に当たったので思わず舌打ちをしたところ、目が合ってしまい私の怒りは一瞬で頂点に!

なんだこら!と詰め寄ってしまった。
一瞬「あっ」やってしまったと思ったがその怒りはおさまらなかった。

一時言い合いになっていたところ、相手のおへそがシャツの下から出ているのを見てしまい。
笑いが出そうになった。

その瞬間、怒っている自分を客観的に見る事が出来てしまい。
ヘソを出した男と言い合っている自分が、ものすごく恥ずかしくなってしまったのだ。

そうなると怒りは全く姿を消してしまい。
逆にその場を去りたいという感情になり、早く終わらせるために
「はいはい、すいませんでした」と言ってその場を後にした。

その後は、怒りに任せて、あんな男と言い争ってしまった事を後悔
それ以来、絶対に怒りに任せて行動しないという事を誓った。

そして、時間をおいて冷静に客観的に見れれば
怒りはすぐになくなるという事も分かったのである。

一流の男が怒りコントロール理由!

一流の男は怒りをコントロールしている。
一流と言われる男が、怒りに任せて行動しているという場面を想像出来ないくらい
上手に怒りをコントロールしているのである。

怒りをコントロールするとは、怒らないという事とは違う。

怒りという感情も大切な感情の1つなので
たとえ一流と言われる男でも、怒りという感情を無くすわけにはいかない。

一流の男は、上記の方法で瞬間的に湧きあがる怒りという感情を
コントロールしているのである。

なぜ、怒りという感情をコントロールするのか

一流と言われる男は
怒りという感情が破壊しか生まないことを知っているのだ。

怒りという感情は
それまで自分が築き上げてきた評価や人間関係もいとも簡単に壊してしまうことがある。

その後それを修復するには、さらに時間と労力が必要となる。
もしかしたら二度と修復出来ないという事態も起こり得るのである。

怒りでは何も解決できない。
その事を知っているから一流の男は怒りをコントロールするのである。

だからと言って何をしても怒らないというわけではない。
許せないというラインはしっかり持っているのである。

そのラインを踏み越えられた時には
瞬間的に怒りに任せて行動するのではなく
冷静にしっかりと辞めてほしいという事を相手に伝えるのである。

これが一流の男の怒りのコントロールである。

一流の男の思考に更に迫る!


一流の男になるための情報が満載!

【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!