謝れない男は一流とは言えない!

一流のおとこはちゃんと謝れる

一流の男の条件!謝る強さを持っている事!それが一流

スポンサーリンク

素直に謝れる男は一流である!

一流のおとこはちゃんと謝れる

一流と言われる男は、一見プライドが高そうで、人に頭なんて下げない
そんなイメージを持っている方も多いかもしれない。

しかし、実際はそうではない。

一流と言われる男には、驚くほど素直で
自分に非がある場合は潔く謝るという方が多い。

謝る事は恥ずかしい事ではない!

謝るという行動は、実は恥ずかしい事ではない。
謝るというと何となくプライドも捨てて、頭を下げるという恥ずかしい行動のような気がする。

そして、実際に恥ずかしいと感じている方も多い。

子供に教える時は、謝る方が勇気がいる事だよ!っと教えるのに
大人になると変なプライドが邪魔をして謝れなくなる。

しかし、実際は謝るという行動は、恥ずかしい事ではない。

謝る行動は勇気が必要な行動!

謝る事は実はとても勇気のいる行動なのだ。
勇気がいる行動という事は、弱い人間には出来ない行動なのだ。

自分に非がある時に、素直に謝れる男は強い。

なぜ強いのかというと、謝るという行動は
自分の行動の非を認めて、その気持ちを素直に伝えるという行動である。

この、自分の非を素直に認めるという部分で
変にプライドが高い人間はひっかかってしまい、謝る事が出来ないのである。

弱い男は謝れない!

ここで勇気が無い小さな男は絶対に謝ることが出来ない。
自分の小さなプライドに邪魔されて、頭を下げる事が出来ないのである。

そういう男は、謝らないことで
もっと大切な信頼を失っているということに気付いていないのである。

男は謝ることで成長することもある!

一流のおとこはちゃんと謝れる

本物の一流の男は自分に非があるときは、それを素直に認めて謝る行動が出来る。

自分の行動に非があれば、素直に謝ることが重要で
その行動には反省が伴っているものである。

自分の行動が悪ければ反省することはとても重要な事で
人は反省することで、自分の行動を悔い改め、成長するのである。

謝罪する気持ちが無い!反省が出来ない男は
自分自身の行動をしっかりと見直す事が出来ないため、成長する事はない。

自分の行動に責任を持つ!

自分の行動に非があれば、それを反省して謝るという事は
自分の行動に最後まで責任を持つという事である。

その反対に、自分の行動の非を見ないふりして
謝りも反省もしない男は、自分の行動に責任を持っていないという事になる。

プライドがあるから謝れないという人は
考え方を改めるべきである。

プライドがあるなら、自分の行動に最後まで責任を持つべきなのだ。
それこそが、男が持つべき本当のプライドである。

一流の男の思考に更に迫る!

一流の男の思考

関連記事

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 >

一流の男になるための情報が満載!

【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!