一流の男は自分の良心に正直でそれに従う

一流の男の正直である

一流の男の条件!一流の男は自分の良心に忠実である!
自分の行動は全て自分自身の良心に従っている。その一貫性が魅力的。

スポンサーリンク

一流の男の行動は常に自分の良心が基準である!

一流の男は自分の良心に正直

一流の男の思考。一流と言われる男は自分がどう行動するかを決定する際に
自分自信の良心や正義に従って決めている。

その行動は常に自分自信の正直な感情に従っている。
しかも、「良心」という道徳的な善悪の判断を持って行動するのである。

一流になりきれない普通の男は
行動するときに、他人の目や意見といった、他人の感情を気にしてしまう。

自分はそうしたくないと思った事でも、その場にいる人にこうしようと言われたら
それに従ってしまうのである。

行動の基準が自分ではなく、自分以外のところにあり
自分の良心に従った、正直な行動が出来ないのである。

何かを決める時に周りが気になっていないか?

一流の男は自分の良心に正直

あなたは、何かを決断する時に周りの目を気にしていないか?

ビジネス面においても、反対意見が多い中で
自分自身の気持ちを正直に述べる事が出来ているだろうか?

プライベートでも、良心に従って堂々と行動出来ているだろうか?

多くの方が、心の中で思っている事とは違う行動をした事がある。
その行動をとってしまった時の思考は

  • 恥ずかしい・・・
  • 反対されるかも・・・
  • 自信がない・・・

こういった思考や感情が行動を邪魔してしまっているのだ。

自分の行動を試される場面の例

日常の例として挙げるなら、年配の方に席を譲れるかという例がある。

満員のバスや電車に乗って、かろうじて席に座れたとしよう。
その後に、年配の方があなたの座っている席の近くに来たという状況で

あなたは何の迷いも無く席を譲れているだろうか?
「はい!」と即答出来る人は意外と少ないのではないだろうか。

この時のあなたの思考・感情はこうだと思う。

  • 声をかけるのが恥ずかしい・・・
  • 断られたらどうしよう・・・
  • カッコつけてると周りに思われそう・・・
  • 誰もしないから・・・

このような思考になっているのではないか。

席を譲らない人の中でも実は
すぐにでも譲ってあげたい!でもその勇気が無い!
という人も多いのである。

周りから見れば、席を譲らない酷い人だと見える人でも
実は心の中には、優しい本心があるだ。ただそれを見せる勇気が無いだけなのだ。

勇気を持って自分の良心に従おう!

みんな本心では優しい気持ちや良心を持っている。
しかし、それを色々な不安な気持などが邪魔をして上手く表現出来ていない。

一流の男と、普通の男はココが違うのである。
一流の男は、自分の良心に従ってまっすぐ生きている。

多少は恥ずかしいと感じる事もあるかもしれないが
その良心に従って行動する事に自信を持っている。相手に間違った印象を持たれてしまう事もあるかもしれない。

しかし、自分の良心に背いた行動をする事の方が、彼らにとってはつらい事なのである。

一流の男の行動は自分の良心が基準である
小さい頃から道徳として学んできたことを、自分の中の行動の基準としているのである。

一流の男の条件
一流になるためには、他人にどう思われるかではなく
自分の良心に従って、どう行動するべきかを決める事が大切である。

一流の男の思考に更に迫る!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!