一流の男が持つ「潔さ」の秘密とは

一流の男は潔い

一流の男の条件!一流の男は実に潔い。それは驚くほどに。
周りの人まで清々しい気持ちになれる程、その潔さは魅力的である。

スポンサーリンク

一流の男が持つ「潔さ」。その秘密とは?

一流の男は潔い

周りで何か問題が起きた時に、当事者でありながら
誰か責任とってくれないかな」なんて心の中で考えていないだろうか。

そのような考えが、あなたが一流になれないという原因の1つになっているのである。

一流の男の思考はこうである。
一流の男は、自ら潔く問題の非を認める。
その問題の原因に他の人が関わっていたとしても、自ら認めるのである。

それは結果的に、自分の責任範囲を広げる事につながるのだ。
一体どういう事かというと「自分のテリトリーを広げている」ということになる。
自分が関係している範囲を広くする事で、色々な事に関わる事が出来るようになり、その結果多くの情報を仕入れる事が出来るようになるというわけだ。

そして、自分の度量と器量の良さを示したことにもつながり
その結果、人からも信頼されるようになるのだ。

多くの仕事に関わっていて、多くの社内情報や業務の情報を知っている。
その上人から信頼され、頼りにされ、周りには人が集まる
その結果、社内で段々と注目される存在になっていくという結果につながるのである。

もちろん問題ばかり起こして、その非を認めてばかりでは、ダメな男である。
どうしても起きてしまった問題に対して、潔く非を認める場合に限っての事である。

問題を飛躍の理由に変えてしまう!

一流の男は潔い

自分の周りで起きた問題に対する非を認める事で、自らの責任範囲を広げる。
そしてビジネス面では、社内での存在感が大きくなる。

そして更に、その問題を自分の糧にしてしまうのである。、起きた問題ですら自分が飛躍できる事だと考え方を変えて捉えるのである。

問題自体を自分の経験として受け止め、プラスになるように考えるのだ。
その問題が難しければ難しいほど解決した時の経験が大きな財産となると考えているのだ。

実際に、成功した一流と言われている男は
多くの失敗をしてその度に問題を切り抜けたという経験をしている人が多い。

問題や失敗を乗り越えるという経験は、なかなか出来る事ではない。
そういった経験を多くすることが「自信」へと繋がり、常に冷静で居られる様になるのだ。

何でも非を認めていればいい訳ではない!

ここで1つ勘違いしてはいけないのは
自分が関係ない事についてまで責任をとったり
非が無い事をわざわざ自分の問題にする事をすすめているのではない。

あくまでも自分や自分達のチームに非がある問題について
潔く非を認め、責任をとるということが重要なのである。

非が無い事まで責任をとるような事をしても
周りからの信頼を得ることは出来ない。

自分や自分のチームに、絶対に非が無い時には
むしろ、自分達は間違ってないという事を堂々と言えるのが一流の男である。

一流の男の潔さを身に付ける方法!

潔い男は、判断力があって決断が早いというのが特徴である。
そしてもう一つ勇気がある事も大切である。

無駄にダラダラ悩んだりしないのが「潔い男」である。

このような男になるためにはまず、自分に自信を持っておく必要がある。
それでは自信はどうやったら身に着くかという事になる。

自信を身に付けるにはやはり、経験と学びである。
色々な経験をして、それについて学ぶ事。それが自信を付ける方法である。

次は想像する力を養う事である。
迅速な決断をしなくてはいけないという事は、その決断をしたらどんな結果になるかの予想を想像出来なければならない。

何も予想、想像せずに決断する事は「無謀」という事になって
一流の男という事にはならない。

潔さを身に付ける方法。まとめ

潔さを身に付けて、一流の男になるためには
豊富な経験と学び、そして日常の中で想像力を鍛える。

これらの事を身に付ければ、自然と潔い男になる事ができ
一流の男へと近づく事が出来るのである。

 

一流の男の思考に更に迫る!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!