一流の男が身に付けている一流のマナーとは!

一流の男の一流のマナー

一流の男は、一流のマナーを身に付けている。
一流の男は、常にマナーというものを意識している。
一流の男の条件。それは一流のマナーを身に付けている事である。

スポンサーリンク

一流の男はマナーも一流である

一流の男の一流のマナー

一流と言われる男は、様々な場面でのマナーも一流である。
一流であると言われたいのであれば、まずは一流のマナーを身に付けておくべきなのだ。

  • ビジネスシーン
  • 食事
  • みだしなみ

このような生活の様々な場面で「マナー」を守る事をとても大切にしている。
その結果、周りの人へ、とてもいい印象を与えるている。
それは一流の男にとっては、当然の事なのである。

公共の場などでマナーも守らずに、わがままな事をしている男に対して
あなたは魅力を感じるだろうか。

私は全く感じない。魅力を感じないどころか
あんな男には絶対になりたくないという思いが湧いてくる。

それは、私だけではないはず、マナーを守らない男がいる
そんな状況に居合わせた、ほとんどの人が、そう感じているはずである。

一流の男になりたいのであれば
この「マナー」というものをじっくり考え、是非身につけておきたいものである。

始めから完璧でなくてもいい少しずつ、出来る事を守っていきたいものである。
マナーを守る事を大切に考えている姿は、上手く出来なくても周りに伝わるものである。

現在の日本のマナーについて

一流の男の一流のマナー

現在の日本において、マナーが悪い人が増えたと感じている人はとても多い。

実際に私もそう感じている。
カッコよくマナーを守る男性が減っているような気がする。

マナーを破って、悪ぶる事がカッコいいと勘違いしている男性もいる。
そんな姿をわざわざ動画撮影して、ネットで世界中に公開している。

よくテレビでも話題になっている。
まさに日本のマナー軽視の実状であると言える。
そんな事をしても何の得にもならないし
とてもカッコ悪いという事に早く気付いて欲しいものである。

私が遭遇した悲しいマナーの状況

最近私が遭遇したマナーの状況を1つご紹介しておきたい。

読書が趣味の私は、週末いつものように、ある書店で本を見て回っていた。

そんな時、書棚間の通路のど真ん中に立って本を見ている30代後半くらいの男性がいたのだ。
しかも大きなリュックを背負って・・・

そしてその横には、通りたいけど通れない高齢の女性が困って立っていたので
私が「すいません。ちょっと通してもらっていいですか」と声をかけたところ

「何で、お前のために通路あけなきゃいけないんだ!」と声を荒げてきたのだ。
さらに「お前の通路じゃねぇだろ!」と言うのだ。

もちろんそうである!私の通路ではない。
しかしそれは同時に、あなたの通路でもないのだ。

私は書店で大声を出すこの男性の様子を冷静に見ている自分に気付き
この男性の相手をしていると、自分も同じだと思い。

高齢の女性と一緒に身を屈めながら
その通路を何とか通った。

そうするとその男性は、私達が通れないように
更にリュックを押し付けてきたのだ・・・何とも情けない事である・・・

自分の姿にではなく、この男性の行動が情けなくて
とても悲しい気持ちが湧いてきた事を、今でも鮮明に覚えている。

現在の日本でマナーは軽視されている!

マナーの悪い動画の公開や、私の経験なども紹介したが
最近の日本ではマナー軽視がとても目につく。

今や当たり前になっているとも言えるスマホ。
最も目につくのは、「歩きスマホ」である。
スマホをビジネスなどでフル活用してバリバリ仕事をするのはいいのだが
歩きながらでもスマホの画面をじっと見ている人がいる。これは非常に見た目も悪く
完全にマナー違反である。そして何よりも危険である。

最悪の場合は歩道なのに、自転車に乗って、更にスマホの画面を見ている。
危険極まりない行為が横行している。
その自転車とぶつかり、命をなくした方もいるくらいである。

私にも経験があるのだが、自転車に乗ってスマホを操作していた男性が
横断歩道を渡っていた私に正面から突っ込んできた事があった。

私の鞄に少しぶつかって、自転車は止まったのだが
その時にその男性がとった行動が最悪だったのだ。

なんとその男性は舌打ちをして、私を睨みつけて去って行ったのだ。
この男性が行った行為はマナー違反どころではない。法律違反である。

何とも情けない、そして悲しい状況になってしまっているのだ。

今の日本には、優しさが足りない。相手に対する思いやりが無い。
自分の事しか考えていないのである。

自分の事を大切に考える事は、とてもいいことである。
しかし、それだけではダメだ。

マナーは相手を思いやる気持ちから生まれたものが多い。
相手を思いやること、それは同時にマナーを守る事にも繋がっているのだ。

マナーを守らない事がカッコいいと勘違いしている。
大声を出し、相手を威嚇して勝ち誇っている態度を見せている男性。

  • どんなに見た目がカッコよくても。
  • どんなに仕事が出来ても。
  • どんなにお金を持っていても。
  • どんなに高価なものを身に付けていても。

そんな男は、とても一流とは言えない!

スポンサーリンク

マナーを守る事はお互い気持ちいい!

一流の男の一流のマナー

ココからは、「マナーを守るとどんな気持ちになるか」を考えてみよう。
それが分かれば、何故一流の男がマナーを守る事を大切にしているかが分かるはずである。

そして、これからはマナーを守ろうと考えを変えてくれる方も出てくるはずである。

マナーを守ると笑顔になる

どうしてマナーを守る事が大切なのか
マナーを守ることで、どんなメリットがあるのだろう。

多くの方が経験していると思うが
マナーを守ると自然と人は「いい気持ち」になれる。「笑顔」になれるのだ。

どんな小さなことでも構わない。
相手の事を気遣い、ちょっとしたマナーを守ってみると、何だか自分の気持ちが晴れやかになる。
そして顔は自然と優しい笑顔に変わるのだ。

今日、何か1つでもいい。
ちょっとマナーを守る行動をしてみて欲しい。優しい笑顔になれる経験が出来るはずである。

マナーを守っていると、お互いがいい気持になれる。
ちょっとした事だが
少しマナーを守るだけで、自分と相手はもちろんの事
そこにいる人達みんなが優しさに包まれて、自然と笑顔になれるのだ。

そんな雰囲気を持った状況を作れる男は、まさに「一流の男」である。

その反対にマナーを守らない人が1人いるだけで
その場の雰囲気はピリピリした最悪の状態になってしまうのだ。

マナーを守る事の重要性

一流の男の一流のマナー

それでは、マナーを守る事の重要性をまとめてみよう。

何故マナーを守らなければいけないのか、守った方がいいのか。
マナーを守る事は決して強制ではない。だからこそ、その重要性が分かれば、マナーを守ろうと思う方が増えると考える。

マナーを守る事の重要性をよく理解して
マナーを守れる「一流の男」を目指して欲しい。

  • マナーを守る人は、信頼される!
  • 相手の事を尊重しているということになる!

マナーを守るという事は、社会的に上記のような意味を持つ事になる。

このような社会的な意味をもつという事が
自分にとって何故重要なのかが分かれば、マナーの重要性もわかるはずである。

マナーを守る人は信頼される

マナーを守る人は、ビジネスの場面でも信頼される。
マナーを守らない人は信頼を得る事は出来ない。

凄く単純な事であるが、要はマナーを守れない人は、規則を守れない人だという解釈になるのだ。
それは、ビジネスの場面だけでなく
プライベートであっても、マナーを守らない人は、信頼を得られない人という事になる。

ビジネスの場面では信頼を無くせば、仕事は無くなる。
プライベートの面では信頼が無くなれば友人は居なくなる。

どちらにしても、あなた自信にとって、とてもメリットがあるとは考えられない。

マナーを守ることで、まったく反対の自分を手に入れる事が出来る。
信頼されることで、仕事は増えるし、友人も増える。

相手の事を尊重していることになる!

マナーを守る事は相手の事を気遣っているという事になる。
思いやりがあるという事になるのだ。

自分のわがままよりも
周りの人が心地よく過ごせるようにと考えられているのがマナーなのだ。

マナーを守るという事は、周りの人達の事を尊重しているという事になるのだ。

大勢の人が集まる場所などで、マナーを守れない人が
一人でもいれば、その場の雰囲気は悪くなってしまう。

そんな状況を作り出す男に対しては
口には出さないが、嫌悪感を抱いている人が大勢いる事を分からなくてはいけない。

もしそんな男と一緒に行動している女性がいたとしよう。
周りから見ると、その女性も同じだと思われているのである。

自分がマナーを守らない事で
自分が大切にしている、パートナーでさえも、悪い方向に巻き込んでしまう事になるのである。

周りの事を尊重出来ない人は、勿論信頼されたり、頼られたりする事はない。
ということは結果はどうなるか、もう分かるはずである。

一流の男ならマナーを守れ

一流の男の一流のマナー

ここまで何故マナーを守る事が大切かをまとめてきた。

ここまで読んできて
マナーを守ろうという気持ちになれない、何故マナーを守る事が重要なんだ?
と思ってしまう男性は、まだ一流の男になれる状態ではないと言える。

一流の男は、周りに気を使う、気配りが出来る男でなければならない。
腰を低く、ぺこぺこしろと言っているのではない。スマートな気配りのことである。
周りの事も気にせずに、自分のわがままを通すような男は、身なりをどんなに着飾って、高級な服を着て、仕事がバリバリ出来たとしても
決して周りから一流の男であると言われる事はない。

一流の男になりたいのであれば、マナーや規則を守る事がステータスでなければならない。
周りにスマートな気配りが出来て、マナーを守る事が出来るのが一流の男である。

次は、一流の男達が身に付けている「一流のマナー」について学んでいこう!

スポンサーリンク


一流の男が身に付けている一流のマナーはコレだ!何故マナーを守るのか?記事一覧

一流の男がビジネスシーンで守っているマナーとは一体?出来る男は、どんな些細なマナーでも確実に守っている。そしてそのマナーを完全に身に付けている!一流の男が守るビジネスマナー一流の男ならビジネスで様々な場面に遭遇する。そんな時に、身に付けている一流のビジネスマナーで対応が出来ればそれだけでも一目置かれる存在になる事が可能である。ビジネスパーソンであれば、第一印象というものは、とても大切であり第一印象...

一流の男はビジネスシーンでも食事をする機会が多い。そんな時のために食事のマナーを身に付けている。一流と言われる男は一体どんなマナーを身に付けているのだろう。一流の男が守っているマナーについてまとめた。一流の男の食事のマナー一流の男は食事の時のマナーを大切にしている。一流の男の場合、食事もビジネスシーンの一つであることが多く取引先の方と夕食を共にする機会が非常に多い。また、プライベートでも家族や恋人...

一流の男はおしゃれである。しかし、それは自然なマナーが守られたおしゃれである。マナーを守ったおしゃれは、とてもスマートで魅力的である。誰が見てもその魅力を感じるようなおしゃれなのだ。一流の男のおしゃれは、身だしなみを整えるという部分も大きく含まれている。いくら綺麗に着飾っても身だしなみを整えるという事に欠けていればそれは周りの人から共感されるおしゃれにはならない。一流の男が考えるおしゃれのマナーと...

一流の男の条件!冠婚葬祭での正しいマナーを身に付けている!人生の中で避けては通れない「冠婚葬祭」。そんな場面でも慌てずに振る舞える事が大切。一流の男が魅せる冠婚葬祭でのマナー!【冠婚葬祭とは!】家族や親族の間で行われる行事や儀式の全般の事を意味している。冠かつての元服の事を意味しており、今の成人式の事をいう。婚結婚式の事を意味している。葬葬式の事を意味している。祭先祖の霊をまつる事。法事やお盆など...

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!