一流の男なら知っておきたいワンランク上の服装

一流の男がビジネスシーンで履く靴下とは

一流の男になりたいと思うならば、是非知っておいて欲しい服装を紹介する。
いつも着ているスーツでもちょっとしたことを気をつけているだけで、分かる人には分かる一流の男の服装になるのである。

今はそんな事をしている人などいないと思っているかもしれないが
それは一流の男の事を知らないあらである。
一流というのはこだわりのある生き方なのだ。

スポンサーリンク

ワンランク上の服装のためのワンポイント

普通の男と一流の男は、ちょっとした服装への気遣いに違いがある。
そういう事を分かって服を着ることで、あなたもワンランク上の男として見られる様になる。

そんな事に気付いてくれない人の方が多いと思うかも知れない。
しかし、それに気付かない男は、普通の男であり、ワンランク上の男とは言えない。

気付いてくれる人に気付かれていればいいのだ。
最近ではビジネスシーンでも、あまり服装の事を気にしていない男が増えているのは分かる。

しかし、まだまだ一流の服装をしている人もいる事も事実である。
普通とは一味違った服装をしている。
それだけで一目置かれるような、そんな存在になって欲しい。

今の時代だからこそ、ワンランク上の男を目指すのだ。

スーツの上着の注意点!

一流の男がワンランク上の服装

スーツの上着で注意すべき点。
スーツの中でも、まず1番に目に入る部分の上着。

毎朝、スーツを羽織る時、何も考えずに羽織っていないだろうか。
明日から少し気を付けることでワンランク上の男へと変身出来るのだ。

今から読んで行く内容を出来る範囲で実践して、ワンランク上の一流の男を目指そう!

上着の部分で注意すべき点を解説していく!

着丈の長さ

まずは上着はお尻が隠れる程度の長さがあるかという点です。
上着の襟の付け根から裾の一番下までの長さがのことを「着丈」という。
この長さがお尻が隠れる程度にあるかというのが重要になる。

長さの目安としては
お尻の一番下が隠れるか隠れないかくらいの長さがちょうどいいと言われている。

上着を着て、横で手を伸ばした時に
指を曲げた時に掴めるくらいの長さが目安である。

プライベートで着るカジュアルなスーツなら短いものなどでもいいかもしれないが、ビジネスの場面で着るスーツはそう簡単に考えてはいけない。

襟の具合

もう一つは襟の具合である。
この部分に関しては気にしている方はほとんどいないなと感じてしまうほどである。

襟の部分からは、下に着ているシャツの襟が1センチ程度出ている事。
そして、シワがよっていないことである。

時々シャツの襟が中に入ってしまっていたり
襟の少し下の部分に横方向にたるみのシワが出ている人を見かける事があるが、非常に残念な着方である。

首の後ろの襟の部分に出来る、浮いたシワは、サイズがあっていないことで出来るのである。これがあるだけで、どんなに高級なスーツを着ていても、雰囲気は台無しになってしまう。スーツは自分の体に合った物を着こなす事が基本である。

ネクタイの注意点

一流の男がワンランク上の服装

一流の男ならビジネスシーンでは必ずといっていいほどネクタイを付けている。
ネクタイは相手と正対したときに最も目に入るものである。
だからこそきちんと気を遣いたいものである。

ネクタイの長さ

一流の男がワンランク上のネクタイ

ネクタイの長さは、ベルトのバックルの部分の半分くらい掛かる程度の長さがちょうどいいと言われている。
この部分より長くてズボンのところまでネクタイが伸びているととてもだらしなく見えてしまうのだ。
逆に短すぎるとなんだか子供っぽく見えてしまう。

そしてネクタイの前後ろの長さの違いにも気をつけたい。
前(一般的に太いほう)が長すぎて後ろ(細い方)が短くてそれぞれに違いがあり過ぎるのもマナーとして間違っているのだ、この二つの長さもほとんど同じような長さに調整することが望ましい。

たかがネクタイと思うかもしれないが、この部分を見ている人も実は多いのだ、そんなマナーを知らないような相手と重要な仕事は出来ないと、心の中で思われているかもしれないのだ。
だから是非とも気を遣ってほしい。

ワイシャツの注意点

一流の男がワンランク上のシャツ

スーツの下に着ているワイシャツについても一流ならこだわる部分がある。
普通の人が気にしないような事でも、ワンランク上の男を目指すなら
こだわる必要があるのだ。

ワイシャツの役割を知ることで
その意味を知ることで、ワンランク上の着こなしが出来るようになるのだ。

ワイシャツの袖の長さ

シャツは上着であるジャケットとの合わせを考える事が大切である。

スーツの下に着ているワイシャツの袖の長さにも一流ならこだわっている長さがある。ただ適当に選んでいるワケではない。
スーツの上着とワイシャツの組み合わせが大切になるのだが、スーツの上着の袖から、ワイシャツの袖が見えるかどうかが気を遣う点である。

ワイシャツとジャケットを着て普通に腕をおろして立った時に
スーツの袖からワイシャツの袖が少し見えるくらいがちょうどいい長さなのである。

一流の男は、この長さにも気を遣っているのだ。
袖口からワイシャツの袖が見えていないと、スーツの上着のサイズが大きいように見えて、サイズが合ってないとすぐに分かる。

この状態であると、ジャケットが大きすぎて
ジャケットを着ているというよりもジャケットを乗せられているという感じに見えてしまう。

この事を考えるとスーツの上着の下に半袖のワイシャツを着ることも
ちょっとおかしな見た目になってしまう。

クールビズが全国的に一般的になっているので
半袖のシャツの上にジャケットを羽織っている人も多い。

しかし、今でも長袖のシャツをカッコよく着ている
ビジネスマンを見かける事がある。男のマナーをしっかりと守り続けている男なのだろう!
私にはとてもカッコよく見える!

ワイシャツの襟について

ワイシャツの襟にも最適な長さがある。
先ほどもスーツの上着の注意点として書いたが、スーツの上着の襟から1センチ程度出ている状態がベストな長さである。
これが出ていなかったり、長すぎてスーツの襟の上に被さっているような状態は実におかしな着こなしなのだ。

靴下についての注意点

一流の男がワンランク上の靴下

靴下の色は基本的にスーツの色に合った色とすることが前提である。
しかし白があっているからと言って白の靴下を履いていいかというとそうではない。

基本的にスーツに白の靴下はいいとは言えないのだ。
基本的には黒、紺やグレーの靴下でスーツに合わせる方がいいマナーと言える。

基本的に靴下の役割は
スーツと靴を引き立たせる事である。靴下自体が目立つような事はしないのだ。

そう考えると、スーツに合わせて色を選択する事がベストだと分かる。

靴下の柄については、派手なものは厳禁!スーツよりも目立つような柄は勿論論外である。
基本的には、無地の物が正解である。

靴についての注意点

 

ビジネスシーンでは、この靴もとても重要なアイテムになる!
男のおしゃれは足元からと言われるくらい重要なポイントである。

この靴の重要性をまとめてみる!


スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!