一流の男のビジネスシーンでのジャケット

一流の男のジャケット

一流のビジネスマンは服装に気を遣っている。
その中でもスーツの上着やジャケットについては特に気を遣っている。

相手に一番見られる部分であるジャケット。
自分の体をすっぽり包み込んでいるジャケットは自分自身を表現しているとも言えるのだ。

一流の男の条件!一流のビジネスマンはジャケットを自分自身を表現するものと考える!

スポンサーリンク

一流の男はこうしてジャケットを着こなす!

一流の男がビジネスシーンで着る服装は今でも基本的にはスーツである。

しかし、最近ではスティーブ・ジョブズのようにジーパンに
黒のタートルというラフな格好でプレゼンに臨んだりするように
ビジネスシーンであっても
スーツではなくカジュアルな服装を着用している人達も目立ってきているのも事実である。

確かにその姿が、着ている人やその場の雰囲気にマッチしていれば
一流の男の雰囲気を醸し出すことができると思うが、それは簡単な事ではない!

スティーブ・ジョブズがラフな格好をしていたと書いたが
黒のタートルはただのタートルではなかったと言われおり、いい加減な気持ちで
ラフな格好をしていたのではないという事が分かる。こだわりを持った服装だったのだ。

一流の男のジャケット

最近はビジネスシーンでもラフな格好している人は多いし
その方がいいという意見も多くなっているのは確かである。

しかし、その一方で、やはりビジネスシーンで一流の男であることを演出するのには
安定のスーツが最適だという意見もやはり、根強くそして圧倒的に多いのも事実だ。

そこでスーツでも、一流の男が着こなすジャケットについてのマナーを解説する。

一流の男が着こなすビジネスシーンでのジャケット

一流の男がビジネスシーンで着こなすスーツ。
特にジャケットについては、最も視覚的にインパクトがある。
コートでも着ていない限り、体の上半身をすっぽり覆っているジャケットは
一番最初に相手の目に入るものであることは間違いない。

相手の目に一番最初に入るという事は、あなたの第1印象を左右すると言ってもいい。あなたと別れた後に、あなたのイメージと一緒にジャケットは相手の頭の中に残る可能性が高い。

そんな重要なジャケットには、特に気を使うべきである。

まずビジネスシーンのジャケットで気を遣ってほしいポイントを下にまとめている。

  • 落ち着いた色の物を選択する。
  • シワやシミが無いこと。
  • ある程度上質な生地のもの。
  • サイズが自分の体に合っている。

ジャケットを着る上で、最低限これくらいは守っておくべきである。

スーツのフラップのマナー

スーツを着ていると、いつも疑問に思っていたことがある。

スーツのポケットについている蓋の様なものは一体何の役目があるのかということである。
その名前すらよく知らない人も多いと思う。

あのスーツのポケットの蓋の様なものの名称は「フラップ」である。

一流の男のジャケットのフラップ

フラップの役割とは

皆さんがあまりよく知らないフラップとは、一体なんのために付いているのだろう。
簡単に説明したいと思う。

フラップの役割!それはポケットの中の物を守ること!

もう少し詳しく説明すると
外出した時に雨や埃などからポケットの中身を守る役目を持っているのだ。
言われてみればとても単純な事、でも実際に意識して、その機能を活用している方は少ない。

自分の着ているものにこだわりを持つと言う事は
そういったちょっとした服の機能や知識を知っておく事も大切な事なのだ。

フラップは入れておく?出しておく?

一流の男のビジネスマナー_ジャケット

これまでフラップは入れておくもの?出しておくもの?
と悩んだ人も多いと思うが

フラップの役割について分かると
フラップをポケット中にしまっておくか、外に出しておくかを悩む必要が無くなる。

フラップの役割が外に出た時に
ポケットの中の物を守る事であると考えると
室内ではポケット中にしまい
屋外では外に出しておくことがフラップの役割に従っているという事になる。

しかし、実際は外に出たり、屋内に入ったりするたびに
フラップを出したり入れたりするのはなかなかできる事ではない。

ただ、気をつけておいた方がいいのは
片方は出して、片方は中に入れるという状態にならないということである。
そんな状態でいるととてもだらしなく見えてしまうので要注意である。

ここでワンポイント!
ビジネスシーンではフラップの使い方に気をつけるが
通常、結婚式などに着るスーツにはフラップがついていない事がある。
ということで、結婚式などにフラップ付きのスーツで来てしまった場合は
フラップはポケットの中に入れておく方がベストである!

ジャケットのポケットについて

一流の男のジャケット

ジャケットには当たり前であるが「ポケット」がついている。
しかし、基本的にはジャケットのポケットにはあまり物を入れない。

ジャケットをカッコ良く着こなすには
ポケットが膨らんでパンパンになるような状態は避けるべきである!

ポケットが膨らむほど物を入れていると
スーツが型崩れするし、見た目にもかなり格好が悪い。
もし入れるとしても、小さな小物や薄手のメモ帳、名刺入れ程度にしておくべきである。

私もいつも悩むのだが、一番よく使用する財布をどこのポケットに入れるか、これが一番難しい。
基本的には財布のような、小物はポケットではなく鞄に入れておくのがベストであるが
使うたびに鞄を開けてというのが面倒だと思う場合は
薄手の財布を内ポケットに入れておくとスマートである。

ジャケットを着ている時に最も見苦しい状態は
ポケットが膨らんで、型崩れしている状態である。
ジャケットをカッコ良く着こなしたいという方は、この状態をどうやったら避けられるか
常に工夫して着こなして欲しい。

ジャケットのボタンについて

一流の男のジャケットのボタン

ジャケットのボタンって全部留めるものだと思っていないだろうか?
それは間違ったマナーである。
ジャケットのボタンは、ずばり1番下のボタンは留めない!というのが正しいマナーである。

  • 2つボタンのジャケットは上側の1つだけを留める。
  • 3つボタンのジャケットは上の2つを留める。

これが正しいジャケットのボタンの留め方である。

 

通勤時間などでスーツを着ている方のボタンを確認してみよう。
全部留めている人が多いのだ。

ボタンの留める数にまでマナーがあるという事を知らないのだろう。
知ってるだけで、ボタンを留める時に「あっ」と思い出し正しい留め方が習慣化されていく。

ジャケットの色、「黒」はOK?

ビジネスでの黒いジャケット


スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!