一流の男のビジネスシーンでのシャツ

一流のビジネスマナー_ワイシャツ

一流の男はスーツの下に着るシャツにも、マナーを守った、こだわりを持っている。


そして、どんなビジネスシーンでも絶対に失敗しないシャツを選択しているのである。
ココからは一流の男が実践している
ビジネスシーンで失敗しないシャツ選びについて解説していく。

スポンサーリンク

一流の男が実践しているビジネスシーンでのシャツの選び方

一流の男がビジネスシーンで着るシャツは
とにかくシワやシミがない、パリッと仕上がったシャツである。

ヨレヨレでシワのあるシャツはビジネスシーンでは厳禁である。
そして色については基本は白であるが
それ以外なら、派手ではない色のものでも「OK」である。

白が基本なのは、どんなスーツにも合わせることが可能だという事があるのだが
何よりも、相手に清潔感を与えるという最大のメリットがあるからだ。

ビジネスシーンでの清潔感の大切さとは

少し話はそれるが、ビジネスシーンで白のシャツがいいのは
相手に清潔感を与えるからであると書きました。

ここで疑問に感じる方もいるかもしれない、「なぜ清潔感が必要なのか?」
その事については、ココでは詳しく解説しない。

しかし、ビジネスシーンでの清潔感は、とても重要な役割を持っているという事だけは
とても大切な事なので書いておきたい!

なぜ、清潔感が重要なのかをもっと詳しく知りたい方はコチラを一読してみて頂きたい!

意外と気にしていないシャツの枚数!

一流の男のビジネスシャツ

シャツの形や色に関しては、気を遣っているという男性はいるが
シャツの枚数にまでこだわりを持っているビジネスマンは少ないと言ってもいいくらいである。

ビジネスマンに最適なシャツの枚数について

シャツの枚数については、ある程度余裕を持った枚数を持っている方がいい。
ビジネスシーンで出張などが多い男は勿論毎日シャツを着替える必要がある。
間違っても昨日と同じシャツでなんてことはやらない!

出張に行く際には最低でも2数枚のシャツを準備していき、宿泊先のホテルでは
シャツのクリーニングサービスなどを利用して、毎日シャツを変えて、いつでもパリッとしたシャツを身につける事を心がけている。

私はたとえ1泊2日の出張でも1枚は着て
あとの2枚は予備として最低3枚のシャツを持っていくようにしている。

2枚ではなく3枚持っていくのは、思わぬトラブルに対応するためである。
ある時に食事をしていて、シャツに醤油をこぼされた事があったからである。
こういう思わぬトラブルに合った時にでも、慌てなくて済むように
1枚多めに持っていくようにしているのだ。

シャツのサイズだってこだわるところ!

シャツのサイズだって、実はとても大切な部分なのである。

サイズについては、ある程度の余裕は必要だが、必要以上にサイズが大きく、ブカブカなシャツは避けた方がいい。
ある程度体に合ったサイズでスマートさを醸し出す方がおしゃれである。

ビジネスシーンで、必要以上にブカブカのサイズを着ていると
なんとなくだらしなさのイメージを持たれる事もあるので注意したい。

シャツの襟は意外と目につく部分

一流の男のビジネスシャツ

そしてシャツの襟の部分、最近はとても多い「ボタンダウン」。
本来襟先にボタンが付いている、ボタンダウンは実はビジネスの場面ではNGなのだ。

何故ビジネスの場面ではマナー違反かというと
ボタンダウンは本来スポーツ用のシャツなのである。
ポロ競技をしている際に、襟が揺れてしまうのを防ぐためにボタンで留めるようにしたシャツ。
それがボタンダウンのシャツの目的なのだ。

スポーツの時に着るために作られたボタンダウンのシャツにネクタイをして
仕事に出かけるというのは少しおかしな行動なのだ。

しかし、最近ではクールビズなどが全国的に当たり前になってきている。
ノーネクタイの際にはボタンダウンのシャツでもおかしくはない
このようにシャツ1枚にしても、色々な意味を持っている事が分かる。

ビジネスシーンでのシャツとスーツの着こなし方

一流のビジネスマナー_ワイシャツ

シャツについてのマナーは大体分かったと思う。
ココからは、スーツと合わせた、シャツの着方について解説していく。

シャツの上には必ずジャケットを羽織る事になる。
その時にも気を付けておくべき事がある。
それを間違っていると、どんなカッコいいスーツを着ていても
恥ずかしい事になってしまう。分かる人には、心の中で笑われてしまっているのだ。

一流の男達が集まる場所では、間違った着こなし方をしていては
絶対に周りの人には見られている。
「この人はマナーを知らない人だ!」という烙印を押されてしまうのだ。

それではスーツとシャツの関係で注意する点を解説する。

スーツとシャツの関係!注意点!

ココからは、スーツとシャツの関係で
特に注意して守っておきたい点を、1つずつ解説していく。

一流のビジネスマナー_ワイシャツ

一流のビジネスマナー_ワイシャツ

シャツの襟(えり)先について

シャツの上にジャケットを羽織った時
シャツの襟先がジャケットの襟の下に入っている事がポイント。

時々、シャツの襟先がジャケットの上に出ている人を見る事がある。
本人はカッコいいと思ってさっそうと歩いているが
それは着こなしとしては実は間違っているのである。

実際にはとても小さな部分の事であるが
一流の男であれば、このような小さな部分にまで細心の注意を払っていて当然なのである。

シャツの後ろ襟(えり)について

もう1つ、スーツとシャツの関係で「襟(えり)」の部分について解説しておく。

シャツの上にジャケットを着た時、
シャツの後ろ襟は、ジャケットの襟から1〜1.5センチ程度出て見えている方がいい。

これについても時々、後ろ襟にシャツが見えない人がいるが
少し締まりが無いように見えて、清潔感が足りないように感じてしまう。

その反対に、シャツの襟が出過ぎている場合は、ジャケットが小さく見えて
サイズ感がおかしなイメージを受けてしまう。

シャツの袖(そで)について

次はスーツとシャツの関係で「袖(そで)」の部分について解説しておく。

シャツの上にジャケットを羽織った場合
シャツの袖は、ジャケットの袖から、シャツの袖が1〜1.5センチ程度出ているのがベスト!

コレが出ていないと、ジャケットのサイズが大きすぎる
出過ぎているとサイズが小さいと一目で感じてしまう。

サイズ感が合わないジャケットを着ているというイメージは
スマートさにかけてしまうので、しっかりとサイズ感が合っているジャケットとシャツの関係を保てるように、それぞれを選ぶ事が大切である。

一流の男のシャツの着こなし方!まとめ

一流の男のビジネスシャツ

一流の男はビジネスシーンにおいて
色んな事に気を遣っている。その中でも着る物についても驚くほど気を遣っているのである。
ここではビジネスシーンにおける「シャツ」の着こなし方について紹介してきた。
それでは、ココからは、ビジネスシーンにおけるシャツの着こなし方についてまとめていこう。

【ビジネスシーンにおけるシャツの着こなし方!】
  • シワやシミがないこと!
  • 色は白が原則、または派手ではない色の物
  • 出張の際には持ち歩く枚数は多めに!
  • 体に合ったサイズを身に付ける!

シャツの着こなしか方については分かったかもしれない
しかし、シャツを着た時は、ジャケットを着る事も多い。
そこで、ジャケットとシャツの関係についてもまとめておく。

【ビジネスシーンにおけるジャケットとシャツの関係!】
  • 襟先はジャケットの中に入っていること!
  • 後ろ襟はジャケットの襟から1センチ程度出ていること!
  • 袖は、ジャケットの袖から1センチ程度出ていること!

これらが、一流の男がビジネスシーンで気を遣っているシャツの着こなし方である。

大切な事は、シャツの機能や意味を知っておくこと
そしてジャケットとシャツの関係を分かっている事。

これらを知っておくことで、一流のビジネスマナーを身に付けて行く事が出来るのである。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!