ビジネスシーンでの靴下

一流の男の靴下

一流の男の条件!一流の男はビジネスシーンでは靴下にまで気を遣っている。
見る人は靴下ちゃんと見てあなたのランクを見極めているのだ。

スポンサーリンク

あなたの靴下は見られている!

何となく油断してしまう靴下。
どうせ靴も履くし、ズボンで見えないしなんて考えて、靴下は適当なものを選んでいては、一流とは言えない。

一流の男は見えない靴下でさえもマナーを守って着こなしている。
たとえ靴下であっても見られているという意識を持っているのである。

椅子やソファーに座った時に少し見える靴下が、スーツに合っていない色であったり、派手な柄がついていたり、スポーツメーカーのロゴが大きく入っていたりしては、せっかくのスーツも台無しである。

さらに靴を脱いだ時に、かかとやつま先の部分が、
擦り切れて薄くなっているのも最低である。
履いた時には、必ず穴が開いたりしていないか、生地が薄くなっていないかなど細かくチェックしておくことをお勧めしたい。

そして靴下はこまめに買い替えたいアイテムだ。
それほど高いものでもないので是非、新しいものを履く習慣を身につけた方がいい。

靴下を購入するお金をケチることで、大きなビジネスを失って、さらに大きな損失に繋がるということもあり得るのだ。

たかが靴下とあなどってはいけないのである。

ビジネスシーンに最適な靴下選び!

一流の男の靴下

ビジネスシーンで、一流の男達が選ぶ「靴下」とは一体?

靴下の色

ビジネスシーンでの靴下の最適な色は

  • グレー
  • ネイビー(紺色)

この3色が基本である。

ここで時々「白はダメなの?」という質問を受ける事がある。
ビジネスシーンでは白の靴下はNGである。

意外だと感じた方もいるかもしれないが
ビジネスシーンで白い靴下を履いていると笑われてしまうので注意してほしい。

靴下はスーツに合わせる!その合わせ方とは?

一流の男の靴下

ビジネスシーンでは靴下の色はスーツに合わせるのが基本である。
靴とスーツ、どちらの色に合わせるのか?それはスーツである。スーツと同色の靴下を選ぶのが基本のビジネスマナーである。

靴下の柄については、控えめな柄を選ぶのが基本。
極力無地のものが無難であるが柄の付いたものをはく時は、極力柄は控えめなものを選ぶ。

柄でもストライプのものはビジネスシーンではNGである。
スーツが無地の場合は控えめの柄物、スーツに柄がある場合は無地の靴下を選ぶ。
こうすることでビジネスマナーを守りながらでもおしゃれを楽しむ事が出来る。

時々、靴下にブランドのロゴが入っているものを履いているのを見かけるが
実はこのロゴマークも入っていない方が望ましい。

最適な靴下の長さ

最近は短い靴下を履いている男性をよく見かける。
しかし、ビジネスシーンにおける靴下の最適な長さは、素肌が見えないくらいの長めのものである。

座っている時にズボンの裾が上がって素肌が見えるような長さのものはNGである。

ビジネスシーンに最適な靴下まとめ

一流の男の靴下

一流の男の靴下選びを解説してきた。
ここでその内容を分かりやすくまとめてみよう!

一流の男が実践するビジネスシーンにおける靴下選び!

  • 靴下の色は、黒、グレー、ネイビーが基本
  • 靴下の色はスーツに合わせる
  • 柄物の場合は控えめな柄を選ぶ
  • スーツが柄物の時は無地、スーツが無地の場合は控えめな柄物
  • 靴下の長さは座った時に素肌が見えない長さ

以上の事が守られていれば
ビジネスシーンにおける靴下選びで失敗する事はまず無いと考えていい。

後はスーツとの合わせ方や柄については
その人の個性が表れてくるもので、ビジネスマナーというルールの中で精いっぱいおしゃれ出来るのが、本当のおしゃれというものである。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!