一流の男は肌着にもこだわる

 

一流の男は肌着にもこだわる

夏はクールビズの季節。クールビズでも一流の男はこだわる部分がある。
クールビズでみんながラフな格好になった時でも、こだわりを見せるのが一流の男である。

スポンサーリンク

一流の男は肌着にもこだわる

今は夏になるとビジネスマンの間ではクールビズが常識であり、ノーネクタイ、ノー上着が当たり前になっている。

たまに、クールビズ期間中でも上着とネクタイを着用しているビジネスマンを見かける。
それが当たり前の姿のはずなのに、クールビズ期間中は浮いて見える。

まあ世の中がクールビズが当たり前になっている事を考えて
ノーネクタイ、ノー上着の場合でも一流と言われる男であれば、注意しておいて頂きたいポイントを紹介する。

クールビズだから油断できない部分

一流の男の肌着

クールビズになると、ネクタイをしない上着を着ないという状態になる。

この状態だと、シャツの下の肌着がうっすら透けて見える状態になる。
更に首元も肌着が見えてしまうような状態になっている事もある。

本来は、スーツを着ている時のシャツは肌着の役割なので、その下に肌着を着る事はないのだが
今では、シャツの下に肌着を着る事が常識となっている。

本来着る事がない肌着がクールビズという状況では、かなり周りから見られるものになってきている。
シャツの下に着ている肌着にも注意を払わなくてはいけない状態なのだ。

一流の男が着る肌着

一流の男は肌着を着る時にどんな事を気にしているのだろう。

シャツの下の肌着が、シャツの色とや肌の色とあまりにもかけ離れていると
シャツが透けて肌着が見えてしまう。

それを考えると、肌着の色は白か、肌色などを着ていたほうがいい。

時々驚く事があるのは、シャツの下に肌着とは思えないような
派手なTシャツを着ていて、文字やプリントされている絵が見えてしまっている状態で通勤しているビジネスマンがいる事である。

比較的若い年齢層にそういう方がいるが
まさに驚きの一言である。何とも情けない状態である。知らずにやっているのかもしれないが、周りから見るとその姿はとてもみっともない。

知っていてやっている方は、それをカッコいいとでも思っているのか、本当に不思議である。

そしてもう一つが襟元である。クールビズではネクタイをしていないため、襟元が開いている状態である。その状態で肌着を着ていると、襟元から丸首の肌着が見えてしまっている事もある。

その状態にならないために、深めのVネックの肌着を選ぶ方がいい。
せっかく綺麗な襟元のVの字を崩さないためにはそういった配慮が必要である。

もう1つおさえておきたいのは、最近は高機能の肌着が沢山ある。
汗をかいてもすぐに乾くような速乾性の肌着も販売されているので
こういったものを着用するのも一流の男のこだわりである。

一流の男が着る肌着のまとめ

一流の男が選ぶ肌着のポイント!

  • シャツの下に着る肌着の色は白か肌色
  • 襟元の形状は深めのVネック
  • 汗をかいても乾きやすい速乾性のタイプ

これらにこだわって日本のクールビズもカッコよく過ごす。それが一流の男の楽しみ方である。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!