一流の男は匂いにも気を遣う

一流の男の香水

一流の男のマナー!一流の男は香水にも気を遣う!

スポンサーリンク

一流の男は自分から発する匂いにも、とても気を遣っている。
匂いで与える第1印象がとても大切だと分かっているのだ。

あなたにも経験は無いだろうか、見た目の印象はとてもいいのに、会話をしていたり
近くで匂いを嗅いだ時に一瞬にして印象が変わってしまったことが。

鼻から入った匂いは直接脳に影響して
一瞬でその印象を変えてしまうくらい重要なものなのである。

匂いを管理するのも一流の男の条件

人間には様々な匂いがある。体臭としていろんなところから発してる匂いがあるのだ。

  • 口臭
  • 頭皮の臭い
  • 足の臭い
  • 汗のニオイ

このように人間には様々な体臭があり
そこから発する臭いで相手に与える印象を変えてしまう。

一流の男は、自分の体から発するニオイも管理しているのである。

同じテーブルで顔を合わせての打ち合わせや、商談中に
相手の口臭が耐えられない位臭かったらどんな気持ちになるだろうか。
そんな人とずっと一緒に仕事をしたいと感じるだろうか。

一流の男は相手にこう思わせないために、自分から発するニオイを管理している。

一流の男の香水

自分の体臭をコントロールするために使っているのが香水である。
しかし、体臭がきついから香水を付ければいいという問題ではない。
まず、体臭を少なくする事は常に意識してやっておかなくてはいけないことである。

体臭をコントロールする事が出来た後は、香水を上手に使いこなすのだ。
一流の男はその場面に合わせて、つける香水も変えているのだ。

香水をつける場面を間違えると、せっかく管理している匂いが
相手に最悪の印象を与えてしまう事になりかねない。
そういった事を避けるために、絶対にやってはいけない香水をつける場面について解説する。

香水をつけることに注意する状況とは

香水をつける場合、付ける事に注意する場所や場面がある。
それを間違えると、相手に不快な思いをさせたり、自分のイメージを下げるような事になるので
注意が必要である。

食事をする場所

食事の時などには香水の香りをぷんぷん匂わせるのはよくない。
マナー違反になりかねない。

これから食事をするからといって、香水をつけなおすことはしない方がいい。
たとえつけたとしても、足元に軽くつける程度にしておく事がマナーである。

仕事をするオフィス

仕事中でも香水の匂いがきついのはよくない。
仕事をするオフィスで匂いをぷんぷんさせながら歩き回るのは周りの人に迷惑になる場合がある。
香水をつけるとしても、すれ違った時などにふんわり匂う程度にした方がいい。


たまに勘違いしてオフィス内で香水を付け過ぎている人がいる。
そんな人と会社内のエレベーターなどで一緒になると、匂いがきつすぎて、とても嫌な気分になる。
どんなに高級な香水でも付け過ぎは厳禁である。

病院に行くとき

病院にお見舞いに行く時に香水をつけすぎているのは良くない。
たとえ重病ではない方をお見舞いにいく場合でも、香水をつけすぎて行くのは良くない。

お見舞いに行く人は元気だとしても、その以外の患者さんもいるわけである。
様々な症状を抱えた方が多くいる事を考えたら香水は辞めておくべきである。

お葬式に行くとき

お通夜やお葬式に行く時に香水はつけないほうがいい。
おしゃれを楽しむ場所では無い事は考えなくても分かる。

また会場にはお線香の香りが漂っており、更に大勢の人がいる事がある。
香水をつけて行くと、様々な香りが混ざってしまい、その場所の匂いが不快な匂いになる事も考えられる。
少し考えれば香水をぷんぷん匂わせて行くのは不謹慎だと分かるはずである。

香水をつける量と場所にもこだわる

一流の男は香水をつける量、そして場所にもこだわる。
相手に、いい印象を与えるために付けた香水が、付ける量や場所を間違うと
逆効果になってしまうという事を一流の男は分かっているのだ。

香水を付ける時間帯やその場の雰囲気に合わせて
香水を付ける量と場所を選んでいる。

香水をつける量

香水をつける量としては、1プッシュが最適!

おそらく、ほとんどの人が1プッシュでは匂いがしないと感じていると思う。
しかし、香水は自分では匂わない程度が最適。
何度かプッシュして、自分でもその香りが匂うようになっているようでは付け過ぎである。

香水をつける場所

一流の男の香水のつけ方

香水を着ける場所としては、体温が高い場所に付けるのがいい。
香水は体温が高い場所に付けると香りがたつのだ。
一般的に香水を付ける場所としておススメの場所。
  • 首筋
  • 手首
  • 胸元
  • ウエスト
  • 足首

この他にも付ける場所はあるが一般的にこれくらいが有名である。
お勧めしたいのは上半身よりも下半身に付ける方法だ。
香りは下から上にあがってくるので下半身につけることでほのかに香るようになる。

一流の男の匂いに関するマナーまとめ

一流の男が匂いにも気を遣う事が大切だということは分かったと思う。
そこでもう一度おさらいしてみよう。

まずは自分の体臭に気を遣う事が大切である。
自分の体臭を出来るだけ少なくするための、常日頃の努力が必要なのだ。

自分の体臭のコントロールができたら、香水などのおしゃれな香りを楽しむのだ。

しかし香水にも、楽しみ方のマナーがあり
香水をつける体の場所や香水の量などマナーを守れる楽しみ方を知る事が重要。

また、香水はつけて行くだけでマナー違反となってしまう状況がある
これらも守れる事が重要である。

香水をつけない方がいい状況

  • 食事をする場所
  • 仕事をするオフィス
  • 病院
  • お葬式

人が大勢集まる場所で、特に狭い場所では香水をつけすぎると
匂いおが混ざってしまい、人を不快に思わせるような匂いになる事があるので要注意である。

これらの事を頭に入れてマナーを守ることで
自分の匂いを上手くコントロールしておしゃれな香水を楽しもう!

一流の男は匂いにも気を遣う

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!