一流の男の食事マナー

一流の男の食事のマナー

一流の男は食事をする時のマナーを守る事を習慣化している。

スポンサーリンク

一流の男は実にスマートに食事マナーをこなす

一流の男は食事の時のマナーをとても大切にしている。
私達も小さい頃から親に色々注意されていて、ある程度のマナーは分かっているつもりである。

しかし、そのマナーは本当に正しいかと聞かれたら
なかなか自信を持って「はい!正しいです!」とは言えないのが正直である。

しかも私達が知っているマナーは家庭で出されていた日本食を食べる時に守っていた
箸の持ち方、口から音を出さない、食べながらしゃべらないなど基本的なものくらいである。

しかし、ビジネスの場面などでお客様と食事をする際、色々な料理が出てくる。
家庭では食べないような料理が沢山出てくる。
そんな時にマナーを知らないというだけで、食べる事をためらってしまう事になる。

マナーなんてどうでもいい!自分なりの食べ方で食べよう!コレが男らしいと勘違いしている人がいる!

一流の男の食事のマナー

しかし、これは最低である。
自分なりの食べ方で綺麗に食べればいいというわけではない。
その食べ方で周りの人達が嫌な気持ちになる場合もある。

マナーとは自分なりの綺麗な食べ方ではない。
周りの人に嫌な思いをさせないように考えられているのがマナーである

一流の男でありたいなら食事のマナーは必須!

一流の男なら、食事のマナーは絶対に身につけておかなくてはいけない。
身につけるためには、適切なマナーを習慣化していく事が大切である。

食事中に何度も考えながら慣れない手つきで食事をしていると
不自然な感じがして慣れていないのがばれてしまう。

そうならないためにも、日頃からマナーを守ることを習慣化して
自然な振る舞いの中で綺麗な作法でマナーを守る事が出来るようにしておく必要がある。

マナーを守るだけではなく、マナーを守る作法を自然にこなせるのが一流の男である。

一流の男の食事のマナー

料理も色々あって、それぞれに洗練されたマナーが存在する。
それを上手にこなせるのが一流の男である。

和食の食事のマナーはある程度知っており、日本人なら自信を持って食べる事ができると思う。
見慣れたものが並んでくるので、さほど緊張もしないだろう。
しかし油断は禁物!和食でも知らないマナーが沢山あるのだ。

しかし、これがいざ洋食、中華になってくると、勝手が違ってくる。しかも世の中には間違ったマナーが横行している事もしばしばである。

それでは簡単ではあるが、それぞれのマナーについて解説しようと思う。

和食のマナー

一流の男の和食のマナー

和食は普段からよく食べていると思います。小さい頃から沢山注意されてきた事だと思いますが
もう一度おさらいするつもりで確認しましょう!
とにかく美しく食べるという事が基本です。周りから見られてもあの人の食べ方は綺麗だと思われるような食べ方である。
  • お箸は正しい持ち方で
  • 食べる時にくちゃくちゃ音をさせない。
  • 食べ物が口に入ったまましゃべらない。

ここら辺までは小さい頃から言われていた事で、自然と身に付いている人もいるかもしれない。
ココからは知らないという方もいるかもしれないので、注意しておこう。

  • 割り箸を顔の前で、左右の方向に割る。
  • 食べる時に箸を持ってない方の手を下に添えて受け皿にする。

知っていただろうか?この二つはマナー違反!割り箸は知っている方も多いかも知れない。
正しいマナーは膝上辺りで上下の方向に割る!これが正しいマナーである。
そして手を受け皿にする!これ丁寧で上品に思われるかもしれないが実はマナー違反!
今まで常識的にやっていた事が実は間違っていたというのはよくあることである。
これら以外にも和食のマナーは沢山存在する。

  • 食器のもち方、持ってはいけない皿もある。
  • やってはいけない箸の使い方。持ち方ではなく
    食べる時の箸の使い方。迷い箸や寄せ箸など。
  • 焼魚の食べ方。誰もが苦戦する。

すべて完ぺきにとは、なかなか出来ないと思うが
知っていて日頃から注意しておけば自然と身に着くものである。

洋食のマナー

一流の男の洋食のマナー

テーブルマナーというと、洋食を多い浮かべる人が多い。
披露宴などに呼ばれて参加する機会があるたびに、マナーについて一夜漬けで勉強する。
そういった機会はチャンスと思ってマナーをしっかり勉強して身につけよう!
テーブルに着く前から、色々とマナーはあるが、ココではテーブルに着いた後のマナーについて解説する。

  • テーブルセッティングではナイフ、スプーン、フォークは基本的に外側から順番に使う。
    基本的に1料理に対して1本ずつで用意されている。
    ※ナイフ、フォーク、スプーンの総称「カトラリー」
  • 基本的にナイフは右手、フォークは左手に持つ。
    ※ナイフとフォークのテーブルセッティング「プロトコール」は世界共通!
  • 中座する際にはお皿に八の時にナイフ(刃を内側)、フォーク(背を上向き)を置く。
    ただし基本的には中座はマナー違反。極力しないように。
  • 食後はナイフ、フォークを揃えて斜めに置く。

これは基本的な洋食のマナーである。この程度は結構身についているのではないか。
しかし、これはあくまでもテーブルに着いた時のマナーである。
そして実際に洋食の中でも色々な料理が出てくる。基本的な事は同じでも食べ方を知っておくことも大切である。

中華料理のマナー

一流の男の中華料理のマナー

中華料理、中国料理は大きく4種に分かれている。
  • 北京料理
  • 広東料理
  • 四川料理
  • 上海料理

地域ごとに特色があり、中華料理の場合使われている食材も非常に豊富である。
ココではこの4つの料理のマナーについて簡単に解説する。
中華料理といえば「円卓」のイメージがあると思う。まさにその円卓でのマナーが重要である。

  • 円卓の回転台は時計回りで回す。
  • 取り皿は料理ごとに替える。
  • 麺類にはレンゲを使う。

コレが円卓で中華料理を食べる際の簡単なマナーである。
中華料理は他の料理と比較すると結構自由な作法とされている。
しかし、だからといって何でもいいと言うわけではないので注意する。

一流の男の中華料理のマナー

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






【一流の男の条件〜メルマガ登録フォーム〜】

一流の男・モテる男・カッコいい男、色んな男達の情報が満載!
ワンランク上の男になる為の情報を不定期で配信中!

メールアドレスと登録するだけで、一流の男へ近づくための情報が届く!
登録は勿論無料!これであなたもワンランク上の男に近づける!